スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

英語、外国語、語学力を活かした副業、実務翻訳の仕事の特徴

      2016/10/14

英語、外国語、語学力を活かした副業、実務翻訳の仕事の特徴
今回のテーマは、

英語、外国語、語学力を活かした
副業、実務翻訳の仕事の特徴

について紹介します。

外国語を活かせる副業が、
実務翻訳です。

実務翻訳とは、
技術資料、マニュアル、ビジネス文書
などを翻訳する仕事です。

小説を翻訳する文芸翻訳とは違います。

英語から日本語に翻訳する場合、
TOEIC800点程度の実力があり、

コンピューターや自動車など
何らかの専門分野の知識があれば、

とりあえずはスタートラインに
立つことはできます。

資格は特に必要はありません。

翻訳の仕事を得るには
翻訳会社に登録をします。

また翻訳レベルをチェックする
「トライアル」という試験に合格
しなければなりません。

首尾よくトライアルに合格しても、
翻訳者を目指す人が多いため
競争率は高く、

仕事はなかなか回ってきません。

多くの翻訳会社に登録して
チャンスを広げておく必要があります。

スポンサーリンク

英日の翻訳の場合、
翻訳のレベル(品質)を決めるのは、

英語力よりもどちらかと言うと
日本語です。

学校で習った英文和訳の
知識(癖)は捨てて、

同じ意味の文章を日本人が
書くつもりで翻訳をまとめて行きます。

日本語がきちんと書ける人は
良い翻訳者として評価され、

仕事がどんどん回ってくるようになります。

収入は、英日翻訳の場合で
英単語あたり10円程度です。

副秒の場合は
月十万円が目標になります。

マーケットが大きいのはやはり英語です。

また、最近では中国語や韓国語の
需要も高まっています。

翻訳を教えてくれる翻訳会社もありますが、

実務の中で勉強してレベルを
高めている人がほとんどです。

副業からフリーになる人も
少なくありません。

<内容>

技術資料、マニュアル、
ビジネス文書などを翻訳する。

英語から日本語の
マーケットが大きい

<収入>

英日翻訳の場合で、
原文の英単語あたり10円前後

一日を丸々翻訳に費やして
3000ワード程度が上限

<条件>

語学力、技術力、日本語力が
揃っている事、

Officeソフトは必須です。

<探し方>

翻訳会社に登録し、
トライアルを受ける

<注意点>

Tradeosという翻訳支援ソフトを
持っていると仕事を得やすくなります。

以上、副業カタログ「実務翻訳」

外国語、語学力を活かして技術文書を
翻訳する副業の特徴について参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法