スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

謝礼金の出る治験ボランティアの副業は危険性も覚悟する仕事

      2017/08/06

謝礼金の出る治験ボランティアの副業は危険性も覚悟する仕事
今回のテーマは、

謝礼金の出る治験ボランティアの
副業は危険性も覚悟する仕事

について紹介します。

医療の発展は国の基礎インフラ、

社会にとって大事なことです。

そこに貢献できる仕事があります。

治験ボランティアというのは、

新薬や特定保健食品の
開発過程で、

臨床データを集めるために
行われる臨床試験の一種です。

集められたデータは、
新薬の承認を得るために
国に提出される基礎データになります。

治験は、協力してくれる
患者がいなければ成立しません。

そこで治験ボランティアという
副業が生まれています。

報酬が期待できる副業

社会に貢献しながら
副業できるのはメリットです。

名目こそ「ボランティア」ですが、
「協力費」という形で謝礼金が出るのです。

治験ボランティアは特に
報酬が多いのが特徴です。

拘束時間は長いですが、
その間に基本的には何を
していても自由なのです。

一回の通院、或いは1日の入院当たり、
1万円から2万円です。

新薬が対象とする症状に合わせて、
細かく募集がかけられます。

例えば、

「20歳から60歳の男性で
コレステロールが高めの人」

或いは

「20歳から40歳の健康な女性」

と言ったような内容です。

のんびりしてれば良いだけの仕事

治験に要する日数は試験ごとに様々です。

数日の入院が必要な場合もあれば、
数回の通院で済む場合もあります。

結構のんびりできて、
謝礼の条件も良いため
学生にも人気があります。

休養も兼ねて、
有給休暇を取得して
入院すると言う手もあります。

その間に他のパソコンを
使った副業などをすれば、
さらなる報酬も期待できます。

副業としての使い勝手が
良い仕事なのです。

治験のデメリットもある

欠点としては、
自分に合った治験が常時
募集しているとは限りませんので

コンスタントに稼ぐ副業としての
目的には適していません。

また最終段階の臨床試験なので
可能性は低いですが

新薬なので副作用の
リスクもゼロではありません。

基本的には危険はないように
注意されているわけですが、

ゼロではないことは覚悟しましょう。

そのぶん、報酬も割高なのです。

医学の発展を支え、
病気に苦しむ患者さんを助ける

社会的な役割のある
副業と位置づけられます。

治験を受けるには
治験ボランティアの
募集サイトに登録するか、

大学病院などの募集を探します。

治験ボランティアの特徴

<内容>

新薬の最終段階で行われる
臨床試験で、

新薬を服用して効用や
副作用を確認する

<収入>

1~2万円/日

<条件>

募集要件によります。

健康な人の募集もありますが
特定疾患や年代などが細かく
指定される場合があります。

<探し方>

治験ボランティアを扱っている
会社に登録する。

大きな病院の募集を探す。

<注意点>

入院を必要とする治験の方が
通院の実の治験より多いです。

以上、副業カタログ「治験ボランティア」

新薬の最終臨床試験で
医学界の進歩に貢献する副業
について参考にしてください。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法