スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業の給料の使い道は生活費以外に使う、住宅ローンは危険

      2017/07/28

副業の給料の使い道は生活費以外に使う、住宅ローンは危険
今回のテーマは、

副業の給料の使い道は生活費
以外に使う、住宅ローンは危険

について紹介します。

本業以外に一生懸命働いた
副業で得たお金は特別です。

そこで、

あなたが副業で得た給料を
あなたがどう使おうともちろん自由です。

他人にどうこう言われる
筋合いはないことは十分承知しています。

が、あえてアドバイスするなら、

副業の給料は生活費以外に使う
事をおススメします。

副業で得た副収入は、
どんなに少額でも初めて手にした
時はとてもうれしいものです。

使い道は人それぞれ、

生活費の補てんにする人もいれば

お小遣い、趣味、旅行に気前よく使ったり、
不意の出費に備えて貯金したり、、

所で最初の内は
とてもありがたかった副収入も、

副業が軌道に乗ってくると、
当然のものと思えうようになってきます。

スポンサーリンク

副業のお金はあてにしすぎない事

しかしもし毎月の生活費の中に、

副業収入分がしっかりと
組み込まれるようになったら要注意です。

その理由は副業ゆえのリスクにあります。

・都合で辞めざるを得ないことがある
・仕事が来なくなる可能性がある
・本業が忙しくなる可能性がある

つまり、副業を収入源として
あてにするのは危険です。

なので、

本業の収入で生活する

という原則をおススメします。

もちろん、本業の収入だけでは
苦しいからと副業を始めたはず、

それだったら、わざわざ副業をする
必要がないと感じられるかもしれません。

それを承知の上で、
ここであえてアドバイスしたいのですが、

苦しくなった時には副業収入に
手を出さざるを得ない時もあるでしょう。

それはあくまで最後の手段です

副収入をあてにするのとしないのとでは、
心構えが180度違ってきます。

リスクを最小限に抑えることで

副業を楽に続けることができる
と言う効果も得られます。

特に起業を見越した副業の場合
焦ると必ず失敗してしまいます。

ローンに対しては常に余裕を持つべき

特に注意して欲しいのが、

住宅ローンに副業の収入を組み込まない事です。

ビジネスパーソンにとって
住宅の購入は一大イベントです。

購入する以上は、

やはり広くてきれいで立地の
良い所を誰しも選びたいものです。

しかし、そこには
資金の壁が立ちはだかります。

不動産業者と銀行が
結託してよく使う手は、

夫婦の収入合算によっては
融資枠を広めにとる作戦です。

ちょっと背伸びかも、、と感じても、

「審査がおりますから大丈夫ですよ」

と営業マンに言われれば、

物件次第では思わず
実印をついてしまうに違いありません。

ここで一番危険なのは副業収入
までも合算した融資枠の確保です。

住宅ローンはリスク商品です。

それに副業収入をあてにした
返済計画は問題なのです。

副業の給料は貯金しておこう

どうしてもこの物件が欲しい…

と無理をしてしまうと、
思わぬリスクを抱えてしまう
事になりかねません。

あくまで本業収入の範囲で
住宅ローンを設定し、

返済計画を立てましょう。

副業収入は繰り上げ返済の
原資にとっておきましょう。

要するに貯金しておくのです。

住宅ローンの決断しだいで
人生が大きく変わった人たちを
私はこれまでたくさん見てきました。

家を買うのが悪い訳ではありません。

しかしそれは一生に関わる問題です。

安易に決めるべきではありません。

熟考した上で決めるべきです。

副業の副収入の使い道として

副業の給料の使い道は生活費以外に使う事、
住宅ローンは危険な点には
注意してください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法