スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業でのお小遣い稼ぎから大金まで収入額タイプの違いとは?

      2016/10/13

副業における収入額タイプによる違いとは?
今回のテーマは、

副業でのお小遣い稼ぎから
大金まで収入額タイプの違いとは?

について紹介します。

以前は、副業を仕事のタイプで
5つに分類して、

それぞれの特徴を大まかに示してきましたが、

ここで副業における収入額のタイプ別の
違いについて解説しましょう。

副業で得られる収入額は
誰しもが興味のある所です。

最も副業というのは
宝くじではありませんので、

一攫千金はあり得ません。

労働の対価として妥当な
金額がおのずと決まります。

副業の目的がお金だけの場合、

収入額から逆算して
自分の副業うスタイルを決めるのも
一つの手です。

それではタイプ別に見て行きましょう。

スポンサーリンク

アルバイト型副業の収入額

1.アルバイト型

これは主に労働力を売る副業です。

収入額は、

時間単価×従事時間

で計算されます。

例えば時給800円の仕事を
週15時間したとすれば、

800円×15時間×4週間=4万8千円

が1カ月の副業収入となります。

収入額を増やしたければ、

より時給の高い仕事に就くか、
働く時間を増やすことです。

時給の高い仕事は
競争率も高く、仕事内容も
きつい場合がほとんどです。

本業を抱える以上、
副業に割ける時間は決まってしまいます。

なので1カ月当たり数万円という
収入が妥当と考えられます。

高い収入額を臨む事は難しいですが、
時間さえあれば確実に収入を得られるのがメリットです。

スキルを活かした副業の収入額

2.高スキル型

労働力ではなく、
スキルを売る副業です。

誰しもができるわけではない
専門的なスキルを売る分、

バイト型よりも高収入を
得ることが可能です。

経営コンサルティングや翻訳、
ウェブデザインなどが該当します。

副業にさける労働時間は
アルバイト型とあまり変わりませんが

スキルの分だけ高い単価が得られます。

自分のスキルを高めていくことで
より高い収入額を得る事も出来ます。

このタイプの副業では、
仕事を得る営業力が重要です。

また仕事の能率を高める
工夫も必要です。

希少で貴重なスキルほど
短期間で必要な収入額を得る人が多いです。

ビジネスモデル型副業の収入額

3.ビジネスモデル型

お金を生み「仕組み」を作り、
自分では直接労働をしない副業です。

何らかの仲介業や紹介業、
インターネットのアフィリエイトや
オンラインショップなどが該当します。

このタイプの副業は、
上手くいけば高収入を得ることができますが、

いくら働いても収入額はゼロ
と言う可能性もあります。

ビジネスセンスや才能も必要です。

このタイプの副業は、
時流とマーケットをとらえれば、
ある程度大きな成功を収めるのも可能です。

雑誌等では大きく紹介される事もありますが、
成功者は一部です。

努力なしでは収入は
なかなか得られないのが実情です。

しかしうまくいけば独立も可能です。

投資型副業の収入額

4.投資型

投資型の副業の収入額は、

投資元本や投資能力で
大きく変わります。

不動産投資の場合、
家賃は世間相場でだいたい決まってしまいます。

通常は数~15%の利回りが得られます。

空室率の見通しに注意が必要です。

株式などの投資では、
収入は技術によって変動します。

売買益のみで生活している
プロの相場師は、

資金の20%程度を
毎年安定的に稼ぎだしています。

しかし投資で本当に上手くいく
確率は数%程度と言うのが実情のようです。

以上5つの副業タイプ別の
収入額の違いをそれぞれ紹介しました。

お小遣い稼ぎから大金を稼ぐまで

あなたの望む収入額を得るために
あなたの副業選びの参考にして下さい。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法