スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業をする上でのリストラ・退職勧告、休業・休職への対応策

      2016/10/13

副業をする上でのリストラ・退職勧告、休業・休職への対応策
今回のテーマは、

副業をする上でのリストラ・
退職勧告、休業・休職への対応策

について紹介します。

90年代後半から日本でも
各企業でのリストラが始り、

最近では一時のように、
退職勧告に過度におびえる
必要もなくなりました。

しかし万が一の事態が
いつ自分に降りかかるかは分かりません。

一度リストラの味をしめた企業は、

今後とも「人材の適切な配置」
という題目のもとで、

リストラの手綱を緩めないでしょう。

収入を確保する手段として
副業を軌道に乗せておけば、

そんな退職勧告におびえることない
日々の安心感は違ってきます。

40代後半で、
会社の中で自分を取り巻く雰囲気が
何となくきな臭く感じてきたならば、

早めに副収入対策は
うっておいた方がいいですね。

副業が順調であれば、
会社から退職勧告を言い渡された時に、

次の就職先を探すのではなく、
副業で独立するという選択肢も
視野に入ってきます。

ただし一家の大黒柱ともなれば、

自分の夢の追求よりも、
収入の確保が優先されます。

ぜひ冷静に判断して下さい。

スポンサーリンク

また法律の整備もあり、
多くの企業が休業制度や休職制度を定め、

実際に取得する人の数も
増えてきているようです。

最も一般的なのは育児休業です。

一歳未満の子供を
養育する為の制度で、

男女ともに取得が可能です。

育児休業期間中は

「育児休業基本給付金」

の給与が受けられます。

給付金は所得額から算定されますが、

副業で副収入がある場合、
届け出をしないと

不正受給となる場合があるので
注意しましょう。

また介護休業に対応した
「介護休業給付金」も同様です。

このほか、依願で休業を取得した場合

誤解を避ける意味でも、
自社の業務と競合する副業を
給付期間中にしないよう注意しましょう。

副業をする上でのリストラ・
退職勧告、休業・休職への対応策を
しっかり認識しておきましょう。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法