スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

女性が副業に求めるニーズとは?専業主婦が副業で成功するコツ

      2017/08/06

女性が副業に求めるニーズとは?
今回のテーマは、

女性が副業に求めるニーズとは?
専業主婦が副業で成功するコツ

について紹介します。

ちょっと前の日本は、

男性が外で働き
女性は家で家事

これが当たり前の価値観でしたが、

現代はそうではありません。

女性も外で働くのが当たり前です。

そして副業に関しても、、

会社や組織でお給料をもらって働いて
いる女性が本業以外で収入を得ることは
もちろん女性にとっての副業ですが、

専業主婦の方が家事や
育児以外の労働で収入を得ることも
副業に当てはまると言います。

女性の副業の可能性は
たくさんあります。

女性が副業としてやれる仕事は、
非常に様々な種類がありますし、

女性ならではの仕事も多くあります。

上手くやればその後独立する事も可能です。

だからこそコツを掴み
キャリアアップもして欲しいです。

ただ副業をこなすのでなく
人生を豊かにして欲しいです。

ただ、アンケートなどを見てみると、
男性と女性では副業で求めるニーズは
若干変わってくるのが興味深いですね。

女性が副業に求めるニーズは
どんなものでしょうか。

スポンサーリンク

副業は男性のもの

かつての日本では、
女性の副業と言うのは、

たいてい内職…でした。

今でもドラマや漫画では、
そう言った苦労している女性が
出てくることがあります。

女性の社会進出がまだ
ほとんどなかった時代、

かつて内職といえば、
専業主婦であるお母さんたちが、

造花づくりや裁縫をする・・

家事の合間の細々やり
家族が寝た後にコツコツやる…

家計が大変なので、こっそり
内職で家計を支える苦労の多い仕事…

というイメージがありましたが、

時代は変わり、
女性も当たり前に働くように会った時代。

ここで女性や専業主婦が
副業で成功するコツについて考えてみましょう。

女性が副業に求めるニーズ

女性の社会進出が当たり前に
なった現代社会とはいえ、

しかし副業に関して言えば、

現在の副業事情でも
どちらかと言えば、

男性が中心になっているイメージが
強いのではないでしょうか。

しかし、生活情報センターの調べによると、

副業を経験したことがあると答えた人も、
副業をこれからやってみたいと考えた人も、

取りらも女性の方が多いことが
アンケートのよると明らかになっています。

さらに興味深い点は、

男性の場合は副業に求めるニーズは

お小遣いアップを目的としている
人が圧倒的に多いのに対して、

女性の場合、

仕事を覚えたいというニーズが

男性よりも多いそうです。

その理由として、

事務職として長年勤めているだけでは
手に職がつかない。

副業を通してスキルがを身につけたい

スキルがあれば結婚後
専業主婦としても副業で成功する
事ができる訳ですし

結婚後も自宅で出来る確保しておきたい

という点があるそうです。

とりあえず今のお小遣い…
という男性よりも、

女性の方が
将来を見越しているようですね。

女性が副業で成功するコツ

これが結果的に副業を
うまく成功させることになるのです。

お金もやりがいもどちらも
貪欲に求めた結果、

どちらも手に入れられるのです。

女性が副業で成功するコツは何でしょうか、

まずは「何をしたいか」を考えて、
「面白さ」や「楽しさ」を重要視することです。

給料がいいからと安易に
ストレスのたまる仕事をしてしまうと、

本業や家庭に支障がある恐れがあります。

副業をする目的のアンケートなどを見ると、

やはり女性は「収入」よりも
気分転換」と答える人が多いそうです。

また副業で稼ぐ動機やニーズ、目的
などを数値化するようにしましょう。

「毎月5万円の副収入が欲しい」と言う感じでなく、

夏休みまでに50万円貯めて海外旅行に行く」
「20万円の○○を買うための費用を稼ぐ」

などと目標設定をします。

こうした明確な目標がないと、

自分がなぜ副業をしているのか、
ニーズがぶれてしまうと、
モチベーションも湧きません。

そういった楽しみのために
お金を稼げるのが副業の魅力の
一つでもあります。

そして行動力、継続力が続くのも
こうしたやり方なのです。

女性の副業のススメ

今後このサイトでは、

女性ならではの副業や
女性が活躍する副業など

具体的な例も紹介するつもりですが、

さて日本では、
どうしても子育ての負担が、
女性にのしかかってきます。

育児休業が明けて復職したとしても、
流石にお子さんが小さいうちは
副業はあきらめた方が賢明でしょう。

お子さんが小学校の高学年
くらいになれば、

副業を再開したほうがいい頃です。

制度の有無は企業によりますが、
短時間勤務制度を活用すれば、

お子さんをカギっこにせずに済みます。

なおかつ合間に副業も手掛けて
副収入を増やす事も出来ます。

有効活用する時間はたくさんあります。

それが人生を豊かにしてくれるのです。

そういう意味で、
女性も若いうちから副業を始め
コツをつかみスキルを磨くのは

大切な事になるでしょうね。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法