スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

性格で損しない人のセルフコントロール法、性格の要因と影響

      2016/10/25

性格で損しない人のセルフコントロール法、性格の要因と影響
今回のテーマは、

性格で損しない人のセルフ
コントロール法、性格の要因と影響

について紹介します。

例えば、

怒ってしまい人が離れた…

気弱な性格でストレスが多い…

断れない性格で良く騙される…

など性格が要因となり、
うまく行かないことはあるでしょう。

性格で損しないための

セルフコントロール法を
身につける事は大切です。

人生には原因がはっきりつかめない、
因縁めいたものも起こります。

例えば、前世があるかどうか…
明確にするのはとても難しい事です。

無数の誕生と死を経験した結果が、

今の人生の始まりに
内面的な特使として現れたのであれば、

原因と結果の道筋は
果てしなく伸びて行くことになります。

同じく性格と言うのも
その存在を明確にするのが難しいものです。

しかし、習慣になっている心の特性、

気質や性格と言うのは、
無意識のうちの行動のパターンを
作っているのです。

しかしこれは、
繰り返す行動のパターンが、
心の習慣を作ってしまったとも言えるのです。

自覚しないまま身につけてしまった
悪い行動のパターンが、

その人の性格に影響を与えるのです。

スポンサーリンク

性格の要因と人間関係への影響

まず覚えておいて欲しいのは、

良い性格も悪い性格も無いということです。

例えば、

その人の欠点に見える部分も
よくよく見ればその奥に長所が
潜んでいるものです。

その人を受け入れるのは、

あるのままをまず受けれ、
その人の本質を探り当てるべきでしょう。

何か癖や性格というのは、

本人は無意識にやっているものです。

幼少期からうまく行くパターンの
言動や態度を、

無自覚、無批判に繰り返し、
強調し、誇大化して作られたものです。

子供は生まれてから、

周囲の人や母親の愛情を
得る為に何をすべきかを学びます。

ある子供は礼儀正しく、
まっすぐな言動が良いと知り、

ある子供はやんちゃに
強よ気で行くのが良いと思い、

ある子供はどんなことでも
上手く成功させるのが良いと思う、

こうしてそれぞれ子供は
愛情を獲得する為の得意技を知り、

成長の過程でその得意技に
磨きをかけ、性格を形成します。

つまりそれはその人に
最も心地よいものであり、

合理的でなくてもそれに
執着するものになります。

つまりそこを理解してあげると、

その人の本質が分かり、
その人を理解して行かす道が分かり、

良い人間関係を作れる
きっかけも分かってくるのです。

そして性格を理解しておくと自分自身の
生き方も楽になって行くのです。

損をしなないためのセルフコントロール法

つまり、

あなたの人生に影響を与える
性格と言うのは、

考えと行動のコンビネーションです。

なので意志の力、セルフコントロール法によって、
いくらでも変えていくことができるのです。

人について正確に知り、
自分とうまく付き合い、

時に応じて自分を使いこなす事は、
社会生活を営む上で最も必要な事です。

自分の嫌いな面、
好きではない性格が支障となり、

対人関係で思わぬ損をしてしまったり、

家庭で余計な軋轢の
原因を作っている人は
意外と多いと聞きます。

そうしたことが原因で、
せっかく育み鍛えた能力を
発揮できない人もいます。

そこで大切になるのが
セルフコントロールです。

これは頭を使わなければ
できない事ですし、

秘められた潜在能力を
引き出すことにもつながります。

人間の性格をあらかじめ知っておけば、

その人を理解するヒントになります。

もちろん安易に性格タイプを知って、
その人を決めつけてしまう恐れ
もある訳ですし、

相手を操作することに使われやすく、
これも危険なことと言えます。

知っておきたい5つの性格分類

自分の習慣は意志の力で
鍛えてコントロールすることができます。

しかし、心の傾向をつかみ、
分析しながら自分自身を深く探るのは有益な事です。

心理学では、
様々な行動を性格付け
分類する技術が発達しています。

では人間の性格は
どのように分類できるのでしょうか?

以下の5つの分類は
性格分類で基本となる考えです。

・粘着性性質

何事に対しても几帳面で
世の中の常識やルールを大切にする。

大雑把なことが許せないので、
場合によっては不器用なほどの
真面目人間に見えます。

がまん強さや集中力などは抜群で、
研究者向きの性格と言えます。

短所としては、
ぎりぎりまで忍耐してしまうので、
突然怒りが爆発してしまう事も。

・内閉性性格

社交性に乏しく、
自分の殻に閉じこもりがちな性格、

世渡りはうまくないが、
理想が高く、それに向かって
懸命に努力する傾向があります。

繊細で、特異な才能を持っている事が多く、
古い文学者などに多く見られるタイプです。

・神経質性格

感受性が高い一方で
神経が過敏、

些細なことを非常に
気にする傾向が強いです。

例えば、

体調が少し悪いと、

「何かよくない病気なのでは…」

などと思い悩んでしまうため、
ノイローゼなどにかかりやすいタイプです。

自分に対しても、他の事柄に対しても
完全を求めやすいので、

自己逃避や現実逃避に陥りがちな
性格と言えます。

・同調性性格

粘り強さや現実に対する
適応力があり、

世話好きで、陽気な社交家です。

5つの性格の内、
一番の世渡り上手と言えます。

誰とでもうまく付き合えますが、
特定の人と深い人間関係を結ぶのが苦手、

過去や理想よりも現実を重視する為、
苦労をする面もあります。

徳川家康や現代の政治家に多いタイプ。

・自己顕示性性格

人付き合いが良く、派手好み、
上昇志向が強く、

エネルギッシュな負けず嫌いタイプで、

ライバルに対する闘争心や
嫌いな人間に対する攻撃性も
人一倍強いため、

トラブルを招きやすく、
利己的とも思われやすいタイプ。

芸能界やスポーツ界に
個の性格が多い傾向があります。

生まれつきの性格だけが要因でない

以上、5つの分類は数多くある
性格分析の中でも、

心理学者のクレッチマーさんに
よる分類です。

どれが正しい訳でなく
どれもが参考になる訳ですから、

ここではクレッチマー分類を
中心に解説して行きます。

ただしどんな性格分類法でも
注意しておかなければ行けないのは、

人間の性格分析というのは
人間を知る道具になりますが、

それはその人を決めつけたり、
操作する為のものではなく、

その人の本質を察知する為の
知的道具であり、方法と言えます。

その人の本質を知るほど、

性格には

「これは良い性格」「これは悪い性格」

というものがある訳では
ないことが分かります。

あるがままの性格を知ることが大切です。

相手のあるがままを受け入れるとき、
相手も自分の良い面を表してくれます。

性格は行動パターンに影響するのですから、

人間のタイプをすれば、

性格の本質が理解できるように、

どこからその人の行動や思考の
エネルギーが生まれるか理解できます。

長所や短所を明らかにしながら、
本質が見えるようになり、

その人に対する共感も増します。

相手の良さも見えるようになり、

人間関係も劇的に好転するでしょう。

セルフコントロール法を身につけよう

以上の5つの性格分類を
踏まえたうえで、

前世の話を信じるかどうかは別にして

生まれつきと言われる性格も
仕方ないと片付けるだけのものではなく、

自分自身の努力によって、
好ましくない特性はよい方向へ、

好ましい特性はさらに好ましく
進化させることができるのです。

セルフコントロールと言うのは、

あなたの目的を実現する為に、
自分の意識と行動を自分の望む事柄
望む状態に向けて、

自分自身をコントロールする能力を
高めることを言います。

そのためにはまず、
ありのままの自分と向き合う事は重要です。

自分を卑下したり、過大評価せず、

不幸によったり、自分を誤魔化したりせず、

偽りのない自分を
評価して認めることが第一歩です。

そういった状態になれば、
セルフコントロールをマスターする為に、

自分をどのように扱い、
自分に何をさせれば良いかが分かってきます。

そして人間関係にも応用できます。

このスキルはビジネスでも
プライベートでも役に立ちます。

性格を作る要因や影響を知っておけば、
人生は楽になってくる訳です。

今回紹介した5つの性格分類も参考して、
是非自分自身と性格に向かい合うための
時間を取ってみて下さい。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法