スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

日光・太陽光、早朝時間の有効活用で記憶力、脳のメリット

      2016/10/20

日光・太陽光、早朝時間の有効活用で記憶力、脳のメリット
今回のテーマは、

日光・太陽光、早朝時間の
有効活用で記憶力、脳のメリット

について紹介します。

早朝の時間を有効活用するほど
脳の機能は高まりますし、

仕事でも成功をおさめやすいのは
言うまでもありません。

雑事の多い昼間では、
電話や来客などでスケジュールに
追い立てられることも多く、

なかなかゆっくりできません。

また見たいテレビ番組や
職場の付き合いなど誘惑の
多い夜の時間も、

自分の能力を発揮するには
慌ただしすぎます。

それに比べて朝の時間は、

実に濃密な自分の時間を
過ごすことができます。

適度な睡眠を得た後の脳は、

徐々にくっきりと目覚めて
仕事や勉強の効率も、
グンとアップします。

「早起きは三文の得
長寝は三百の損」

「早寝早起き病知らず」

と言われますが、

古人がサーカディアンリズムや
体温上昇システムを知っていたとは
思えませんが、

毎日の生活の中から生まれた知恵は
科学的に見ても正しかったわけです。

スポンサーリンク

太陽光と生物のリズムの関係

地球上の生物は、

バクテリアから深海魚に至るまで、
体内時計を持って、

命の活動を営んでいます。

植物は夜明けが近づくと
一筋たりとも太陽光を逃すまいと、

暗いうちにも関わらず
光合成の準備を開始します。

小動物や昆虫も、
太陽光の変化を感知し、

夜間など外敵の少ない時間帯を
選んで行動します。

渡し取りは、日光の指す方向から
太陽の位置を把握し、

目的地の方角を正確に割り出します。

46億年前に地球が誕生し、
38億年前に生命が生まれた…

と言われていますが、

そこから脈々と続いてきた生命は、

地球上の生態系は全て太陽の
リズムの力を使って生きているのです。

もちろん人間にとっても同じです。

ところが、環境が変わり、

自然のリズムに沿った
規則正しい生活を送ることが、

現代人には難しくなっています。

しかしここで記憶力、脳を活性化し、
日々若々しく健康に生きるには、

日光・太陽光のメリットを
上手に使うことが必要です。

成功者には朝型人間が多い

そしてその基本は早朝時間の
有効活用が大切になります。

企業のトップには朝型人間が多い、
という話も耳にした事があると思います。

早朝散歩や早朝ミーティング
セミナー、英語の学習や座禅など

「朝飯前に」一仕事しているのです。

日中は、分刻みでスケジュールが入っているため

早朝でないと自分の時間が
取れないと言う理由もあるでしょう。

しかし早朝を巧みに活用しているのは、
流石トップに立つ人間と感心します。

この方法をもっと多くの人が実践したら
日本の経済はもっと伸びると思うのです。

実際問題として
早朝の1時間というのは
日中の1時間の三倍の価値があります。

夜中に3時間長く起きているよりも
朝1時間早く起きる方が効率がいいのです。

ただ起きるだけでなく有効活用しましょう

ここまでの話を聞いて、

「自分は宵っ張りでなく
立派な朝型人間だ!」

と胸を張る人もいるでしょう。

しかし、出勤・登校時間ぎりぎりまで
寝ていて慌てて朝の支度を済ませ、

小走りに家を飛び出すようでは
朝型人間とは呼べません。

そんな事では、せっかくの朝方パターンも
利用価値は半減です。

たとえ10時間眠っても
朝居眠りなら脳の疲れはとれません。

せっかくの時間をダラダラ
過ごしていては、

早朝時間を有効活用する
メリットは享受できないのです。

睡眠時間は約6〜7時間を目安にして
就寝と起床の時間を設定し直してください。

そして朝目覚めたら、
いつまでも布団の中でぐずぐずしないで
気合を入れてとび起きます。

朝のまぶしい光で視交叉上核を刺激するのです。

今日一日の体内時計を正しくセットする為に
カーテンをサッと開けるのも良いでしょう。

理想を言えば、まだ十分に
温まっていない体を目覚めさせるために

熱いシャワーを浴びたり、

できれば散歩に出掛けたり、
軽いジョギング、乾布摩擦を行い

脳に刺激を送り始めると良いでしょう。

体温の上昇を早めれば
血行や新陳代謝が促進され、

脳にもいい刺激が与えられます。

日光・太陽光で睡眠の質が変わる

日光、太陽光のメリットは
睡眠にも影響してきます。

寝付きが悪い、夜中に目が覚める
熟睡できない、睡眠不足が続く、、

など睡眠の悩みを抱える
現代人は少なくないでしょう、

快適な睡眠というのは
ストレスの多い現代人にとって
大きな課題の一つです。

睡眠に深く関わっている
脳内の神経伝達物質に

「セロトニン」

があります。

セロトニンは、ドーパミン、
ノルアドレナリンなど、

興奮を伝達する伝達物質に
蓄積される情報をコントロールし

精神を安定させる働きがあります。

不安を解消し、高ぶった
神経を鎮め安眠を促します。

セロトニンが不足すれば、

感情にブレーキがかからなくなり、
情緒が不安定になり、

精神的な快楽から
抜け出せなくなったりします。

これが依存症やうつ病を
引き起こします。

従ってストレス社会を
たくましく生き抜く脳や記憶力を
作る為には、

日頃からセロトニンの分泌を
促すような心がけが必要です。

そしてその為の方法は、

歩くことなど一定のリズム運動、

そして太陽を浴びる日光浴が
最適な方法なのです。

太陽光を浴びるセロトニン分泌のメリット

日光浴では、光の刺激が
脳に伝わり、

神経伝達物質の分泌を
活発にします。

こうして生体リズムが整えられ、
不眠も改善します。

だから天気のいい日の散歩は

セロトニンの分泌が促される
絶好の条件と言えます。

何も長時間歩かなくても、

天気のいい日に昼食後
ほんの10分ほど公園のベンチで
日なたぼっこをして過ごすだけで、

十分に効果を見込めます。

家に庭があるのであれば、

しばらく外で庭木に見ずをやったり
剪定するのも良いでしょう。

「最近眠れない…」と
悩んでいる人は、

一日のうち、外で過ごす時間が
どれくらいあるか考えてみましょう。

実は日光不足なのかもしれません。

例えば、

一日、バーベキューなど
海辺で遊んだ日の夜、

子供の運動会の
観戦で一日中戸外で過ごすと、

その日の晩はぐっすり眠れる
という経験があるのではないでしょうか。

デスクワークが多いと、

太陽の光を浴びる時間が
どうしても少なくなります。

朝の時間、或は昼休みの時間、

短くてもできるだけ
屋外で過ごすようにしましょう。

こでも記憶力、脳のメリットとして
素晴らしい行為となるはずです。

朝の時間の質を高めよう

日光・太陽光には
様々なメリットがある訳です。

というわけで脳機能を高めるためにも、

できるだけ朝は
早く起きるようにしましょう。

ただ、長年夜型の習慣で
過ごしてきた人は、

一週間で直そうと言うのも
難しい事でしょう。

なので夜の過ごし方から
変えていく必要があります。

まず寝る前に食べ物を食べることをやめて、
夕食を早めに食べる事、

そして規則正しい時間に
食べることを心がけてください。

その後の夜の時間は
音楽を聴いたりしてリラックスしましょう。

そして朝まずは30分からで良いので
速く目を覚ますようにしましょう。

もちろん、体と頭に今日一番の
栄養を送り込む朝食も大切です。

さらに朝起きたら散歩に出掛け
軽く汗ばむ程度の運動をすると最高ですね。

こういう早起きを実践すれば、

体と頭が最も活発に働く早朝から
午後二時までに時間を長く利用できるのです。

しかも、学校や会社へ行くまでに
自分の時間が捻出できると言う
大きなおまけも付いてきます。

健康にためにエクササイズをするもよし、
資格取得を目指して勉強するもよし、

ここで勉強したり読書をすれば、
記憶力の定着も高まり、

それが人生に活かせるでしょう。

自分を磨くために大いに活用して下さい。

早起きは三文どころか、
無限の価値を生むのです。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法