スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

早寝早起きの規則正しい生活が脳、記憶力の活性化にメリット

      2016/10/20

早寝早起きの規則正しい生活が脳、記憶力の活性化にメリット
今回のテーマは、

早寝早起きの規則正しい生活が
脳、記憶力の活性化にメリット

について紹介します。

朝型人間、夜型人間を問わず
まず自分なりの生活リズムを作ることが
脳に良いと前回紹介しました。

しかし、、

朝型の生活の方が脳にとって
望ましい事は言うまでもありません。

日の出とともに起きて働き、
日の入りとともに体を休めるのが

体内時計、サーカディアンリズム
にとって忠実な自然の姿なのです。

自然のリズムに従った方が
心身いずれも健康になるのは当然でしょう。

しかし、スイッチ一つで、
夜でも昼間のように明るくできる

現代の技術の進歩が、こうした
リズムを狂わせるようになりました。

しかしどんなに時代が進歩しても、
生活パターンが変わっても、

人間は原始時代から、

早寝早起きの規則正しい生活が
色々な面で人生にメリットを及ぼします。

スポンサーリンク

夜型人間の方が仕事ができる人?

ビジネスマンの中には
夜型人間も入るようですが、

実際の所、

午前中は会社の中でお茶を飲んだり
新聞を眺めたりしてボーっと過ごし、

午後からようやく仕事を始め、
毎日夜中まで残業する…

そういう人を見て、

「毎日残業続きで仕事
がんばってるんだな」

というような印象を周りに
与えることもあるかもしれません。

しかし、実際のところは、

朝からきちっと仕事をしていれば
夕方までに終わる程度の事しかして
いなおのです。

もっと言えば、

それ以下の量の仕事しかできて
いない事の方が多いのです。

そういう人に限って
夜型の生活がさも都会的である
かのような勘違いをして、

「これが自分のリズムなんだ」

などと開き直っているのですが、

そのリズムは極めて
脳にとって非効率的です。

結論から言えば、
朝型の方が絶対的に良いのです。

脳は適応力があるので、

意志の力を使えば徹夜もできますし、
脳を夜型にならすこともできます。

しかし脳も当然、身体の全機能の
一部の臓器な訳です。

夜型の生活や不規則な生活で
生活パターンが乱れば、

いずれは内臓疾患や心身症、
便秘や肌荒れなど、

様々な不具合が起きることになるでしょう。

朝型生活に切り替えよう

どうしても仕事の都合上などで
夜型の生活しか選べない人は
仕方がないのですが、

しかし、夜の方が勉強や仕事が
はかどるからという理由で夜型を
選択している人がいたら

それは単なる習慣であって
朝型に切り替えた方がもっと
はかどるという事です。

早寝早起きの規則正しい生活で
脳、記憶力も活性化します。

太鼓より人は日の出と共に目覚め、
日中は活発に活動し、
日が落ちれば床につく、

と言う生活パターンで暮らしてきて、

体内時計を作ってきました。

この時計に従った生活が
人間の極自然な姿であり、

脳にとっても最もメリットある
自然なリズムです。

朝型夜型というのは体質ではなく、

自分の習慣で変えられるものです。

低血圧の人は朝が弱い…

などと言われますが、
それも早寝早起きの繰り返しで治るのです。

これは以前の紹介した
体温の上昇リズムを見ればはっきり分かります。

人間の平均体温は約36度、

体を動かしているときには体温は高く、
眠って疲れを癒している間は低くなります。

高体温のピークは午後二時ごろ、
低体温のピークは午前二時ごろ、

つまり、朝起きてから午前中、

そして午後二時前後にかけてが、
体の各機能が活発に動けるように

体内でどんどんエネルギーが
燃焼する時間なのです。

朝に勉強や仕事をすると…

この身体がピークパフォーマンスを
発揮できる時間に勉強や仕事が
充分できるように生活するのが、

能力を全開し、それ以上の力を
獲得するポイントです。

このピークを過ぎてからは、
徐々に体温は低くなります。

つまり、エネルギーの燃焼が
弱まっていきます。

たから、この時間には休息し、
明日の活力を養った方がいいのです。

つまり朝に働いて夜は休むが
人間に備わるリズムなのです。

ところが、夜型の人は
エネルギーの燃焼が弱まっていく
時間帯に作業をしている訳なので、

身体の方は脈拍を上げて体温を
キープしようと頑張ってしまいます。

これが身体にどれほどの
負担を強いているかは、

受験の時期のことを思い出してもらえば
分かりやすいでしょう。

夜より朝にやるメリット

深夜に及ぶ勉強が続くと、
まず疲れやすくなります。

そして回復も難しくなります。

「睡眠時間は足りているはずなのに
目覚めがスッキリしないで、

体調もすぐれない…」

と首をかしげながら、また深夜まで
体と頭を酷使する事になるのです。

これでは体調がすぐれないのも当然です。

体の自然な働きを無視して
負担をかけているからです。

朝の自然光が視交叉上核を
刺激する時間に、

布団の中でぐずぐずしていれば
体内時計も狂ってしまい、

いつも時差ボケ状態です。

たまに会社の仕事などを
家に持ち帰って夜中までやる人もいますが、

これは効率が悪くなります。

もしも、片づけなければならない
勉強や仕事が残っていたら

さっさと寝て、早起きして
朝やることをおススメします。

絶対に能率が上がるはずです。

早寝早起きの規則正しい生活のメリット

十分に休息を与えられている脳、

朝、目覚めた瞬間から
ハツラツとしている脳は、

仕事も勉強も何事にも
積極的に取り組み、
記憶力も向上し、

一日を有意義に過ごすことができます。

そこから、得られた満足感によって、
また次の一日がまわって行くのです。

その逆もまた然りです。

脳の休息が足りていないと、

イライラしやすく、
集中力がありません。

記憶力も減退し、
頭がボーッとして疲れやすく、
食欲の減退が見られることもあります。

そうなれば当然、
仕事の能率も下がります。

仕事を終えて帰宅してからも、
気分は冴えません。

仕事がうまく行かなかったと
悪い気分を引きずれば、

安眠、熟睡など不可能です。

こうしてモヤモヤと後味が
悪い一日を終えれば、

また幸先の悪い日を招くことになります。

このように良しきにつけ悪しきにつけ、

脳の調子は翌日に持ち越され
循環して行くのです。

生活リズムは習慣なのです。

早寝早起きの規則正しい生活のメリット

規則正しい生活も
不規則な生活も、

一日の積み重ねなのです。

だからどうも最近、調子が
悪いと感じるなら、

いち早く、できれば今日から
良い循環に乗せるべきなのです。

質のいい睡眠はその為に
欠かせないことです。

だからこそ良い睡眠を取る
テクニックを紹介してきているのですが、

ここでもう一つ根本的に
大切なことがあります。

それはどのような一日
だったとしても、

終日怠けもせずに
働いてくれた脳に感謝をする
ということです。

一日のうちには色々な
事があったはずです。

楽しいこともあれば、
嬉しいこともあります。

逆に辛いことや悲しいこと、

思い出したくもないような
屈辱感を味わうこともあります。

物事がうまく行かず、
周囲の人々に腹を立ててばかりの
一日もあるでしょう。

しかし、どんな状況でも脳は
決して働くことを拒否せず
働いてくれているのです。

脳に感謝して早寝早起きをしよう

寝ている時ですら
働いているのですから、

脳は文字通り働き詰めの器官です。

そんな脳に一日の終わりに
感謝して眠りにつけば、

脳はますます良い風に向かう
のではないのでしょうか。

一日の終わりが「不満」ではなく
「感謝」であれば、

気持ちは格段に軽くなり、
ゆったりとした気持ちで
布団に入ることができます。

その気持ちでぐっすり熟睡し
新たな気持ちで次の日を迎えれば、

幸先の良いスタートを
切ることができるでしょう。

感謝の気持ちがきっかけで、

脳、記憶力の活性化にメリットがある、

早寝早起きの規則正しい
生活を作るきっかけになるのです。

こうして朝を向ければ、

食欲も出てきて、脳に良い
朝食をしっかり食べれば、

その後から良いリズムで一日を
過ごすことができるでしょう。

ここから良い循環が生まれるのです。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法