スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

昼夜逆転や不規則な生活の乱れが脳、記憶力の影響デメリット

      2016/10/20

昼夜逆転や不規則な生活の乱れが脳、記憶力の影響デメリット
今回のテーマは、

昼夜逆転や不規則な生活の乱れが
脳、記憶力の影響デメリット

について紹介します。

布団に入れば次の瞬間には
眠ってしまうという人は
とても幸せです。

熟睡して一回も起きることがない、
いつも同じ時間に起きれる…

これは一日をフルに活動した脳に
十分な休息を与えることができる、

素晴らしいことだと思うのですが、

どうやら今の時代、

そう言う幸運な人はなかなか
珍しいようです。

特に現代社会では、
昼と夜の区別が付きにくくなり、

不規則な生活リズムや
昼夜逆転など時間の乱れた生活パターンを
過ごす人も増えてきているそうですが、

こう言ったリズムの乱れは
脳にどんな影響を与えるのでしょう。

逆に規則正しい睡眠を
習慣づけていると、

目覚まし時計に起こされなくても
その時間になると自然に目覚めます。

例えば、前夜たまたま寝るのが
いつもより遅かったとしても

いつも起きている
時間になると目が覚めてしまうのです。

こう言った現象は、
私たちの脳の中にある
一種の「体内時計」によるものです。

身体の様々なリズムは
実は脳に刻まれているのです。

スポンサーリンク

自然な生活が変わってきている

太陽の動きというのは、

太古から地球上のあらゆる
生物に多大な影響を与えてきました。

太陽が地平線から顔を出し
また地平線の彼方に沈んでいくと言う
自然界のリズムに従って、

人間も生きてきたのですし、
そのような生活が本来の自然な姿
でもあるのです。

しかし現代では
こうした自然な生活のあり方が
大きく変化してきています。

そして実は、

そんな昼夜逆転など時間の乱れは
脳に悪い影響を与えます。

とりわけ都会では、
日の入り後も街はネオンが煌々と輝き、

24時間営業のコンビニエンスストアが
客を待ちます。

いわゆる夜型人間にとっては、
便利この上ない時代になっているのです。

東京都内に居を構える私も、
都会の便利さは享受している訳ですが、

それについてとやかく
言うつもりはありません。

ただ夜型の生活リズムが、

本来の自然な生活リズムとは
異なっていることだけは、

注意を勧告しておきたいと思います。

こうした不規則な生活の乱れが
脳、記憶力のどう影響し、

デメリットを及ぼすかは
理解しておくべきでしょう。

体内時計と人体のリズムが狂うデメリット

例えば、人体の影響として、

女性の月経周期や妊娠の期間、

或いは性別に関係なく
30分ごとに分泌されるホルモン
といったものも体内時計の働きによります。

これは脳の視床下部の一部の
「視交叉上核」という所が担っています。

ちなみに肌が気になる
女性は多いと思いますが、

朝型、夜型の生活サイクルに関わらず、

肌が蘇生する時間は
夜の10時から深夜2時の間です。

つまり美しい素肌を作るには、

その時間帯にお酒やたばこのような
刺激物を取って遊び回ると、

肌は汚くなっていきます。

むしろ肌の活性を助けるために
睡眠をとっていた方がいいのです。

これは脳や記憶力にとっても同じです。

そんな体内時計を持っているのは
人だけではありません。

むしろ発情期や産卵期といった
人がなくしてしまったリズムを
持っているからも

動物の方がより強制力の強い
正確な体内時計を持っています。

例えば、
満月の夜に産卵するウミガメや

秋になると故郷の川に上って
産卵する鮭など、

信じられないくらいリズムが正確で、

そのリズム通りに生活することで、
動物は健康に過ごせるようになっているのです。

光が脳、記憶力へ与える影響

そうです。

そんな体内時計、生活リズムの
サイクルを決める大きな要因が

「光」にあるわけです。

「日の出と共に目覚め、
昼間は活発に活動し、
日の入りには活動を止める」

というリズムが自然に沿った
生活のリスムなのです。

人体にとっても最も
規則的な生活リズムとなります。

そしてこのリズムを作る源が、

太陽の光の明暗なのです。

体内時計によって作り出されるリズムは、

人間の様々な臓器、
内分泌器官のホルモンなどを
コントロールするのですが、

それは光の強弱で
繊細に変わるものです。

そしてこの光は人工光でも
影響を受けるのです。

昼夜逆転や不規則な生活の乱れの原因も
光によって影響されるわけです。

部屋を明るくして寝る脳、記憶力のデメリット

人間は自然界と切り離されて
暮らしているように見えますが、

未だに自然のリズムに
影響されて生きている訳です。

そう言う意味では、

夜は真っ暗にして寝るという
事も重要になっています。

最近では「真っ暗だと眠れない」
という理由で、

一晩中豆電球を付けっぱなし
にしている人もいるようです。

また深夜テレビやパソコンの
画面を見ているうちに眠くなり、

付けっぱなしで眠りにつく
というのが当たり前に生活に
なっている人もいると聞きます。

しかし、このように明暗の
リズムを無視した就寝パターンを
繰り返し習慣にしていると、

睡眠のリズムが狂い、
脳のリズムもおかしくなってきます。

これも肌が荒れたり、
肥満になったりと、

体内の諸機関の機能を狂わせる
原因、デメリットになるのです。

都会に住んでいれば、

街に出ると夜遅くまで
灯るネオンや、街灯で、
町中はいつも明るいです。

電気も通っていない山奥にでも
行かない限り、

完全に真っ暗な場所はありません。

でも、せめて部屋の電気は
全て消して真っ暗に消さなければ、

ほんの少しの光でも
睡眠には影響をする訳です。

脳のためにも生活リズムを整えよう

昼夜逆転など時間の乱れは、

もちろん脳や記憶力にとっても
好ましい訳ではないのです。

朝型の方が脳にとっても
身体の健康にとっても望ましいですが、

そうはいっても、仕事柄深夜に及ぶ
残業が付き物だったり

早朝出勤や夜勤が避けられない
職種も少なくありません。

昼はアルバイト、
勉強は夜という学生もいるでしょう。

そのような人は、
自分なりの生活リズムを確立することを
第一におススメしたいと思います。

夜型であれば夜型としての
規則正しさを崩さないようにするわけです。

そして寝る時に部屋はできるだけ
暗くして寝るようにしましょう。

それだけでも悪影響は少しは
回避できるからです。

そして少しずつ努力して
自然に沿った生活リズムに
戻せるよう意識して行きましょう。

生活にメリハリをつけよう

脳にとって一番良くないのは、
寝る時間や起きる時間は定まっていない、

食事もしたりしなかったり、
行き当たりばったりの生活です。

そんな事では体の調子も良くないはずですし、

どれほど素晴らしい判断力などの
能力を持っていても

十分に発揮できるわけはありません。

なぜなら、体内時計は自律神経に
多大な影響を及ぼしているからです。

体内時計を動かしている
視交叉上核のすぐ上にある自律神経は、

消化、吸収、排泄など
重要な身体の働きを
コントロールしているからです。

規律のない生活では、

体内時計を狂わせ、
自律神経をも乱してしまいます。

いわば、慢性的な時差ボケに
陥っているようなもので、

常に体調不良、倦怠感、疲労感、頭痛などを
抱える羽目になるのです。

昼夜逆転や不規則な生活の乱れが
脳、記憶力のデメリットとなります。

忙しければスケジュール通りに
物事が進まないこともあるでしょう。

何か心配事や気にかかる
事があればなかなか寝付けないことも
あるでしょう。

しかしそれでもできるだけ早く
切り替えて規則正しいリズムに戻しましょう。

具体的には
就寝と起床、食事の時刻を
きちんと守ることから始めると良いです。

それだけで、生活にメリハリが付き、
脳が活性することは間違いありません。

そして、自分の体内時計を自分で
きちんとセットしたら、

それに従った生活を心がける

これが脳の開発の第一歩です。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法