スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳の活性化と体温の関係、体温変化と朝型人間と夜型人間の特徴

      2016/10/20

脳の活性化と体温の関係、体温変化と朝型人間と夜型人間の特徴
今回のテーマは、

脳の活性化と体温の関係、体温変化
と朝型人間と夜型人間の特徴

について紹介します。

朝型通勤電車に乗ると、

決まって目にするのが、

座席に埋もれんばかりに
眠りこけている人の姿です。

男女を問わず、中には上を向き
口をパッカリ開けて眠っている女性もいて、

他人の事ながら
心配になってしまうものです。

連日のハードワークで疲れ果て、
通勤中の束の間でも眠りたい
と言う事かもしれませんが、

脳の健康と言う観点からみれば、

こうした通勤、通学中の
まで睡眠をとりたくなるような
朝の時間の過ごし方は、

脳を退化させる使い方と言えます。

朝と夜のメリハリが
しっかりしていないため、

生活リズムが崩れてしまっているのです。

スポンサーリンク

朝型人間と夜型人間の脳の活用の違い

人間の脳と言うのは、
目覚めてすぐには活発になりません。

覚醒してからしばらく経って
徐々に活性化し、

エネルギー源となるブドウ糖を
補給すると、

さらに動き始めます。

また睡眠はもちろん脳にとって
も大切ですが、

それは決して、いつまでも
ダラダラと眠る事が
理想なのではありません。

寝不足を理由に、

朝、グズグズしてなかなか
起きようとしない人、

通勤電車の中で眠りこける人は、

脳の活性化を始めるまでの
助走を長くしているだけで、

それは心身に効果を生みません。

快適な脳のリズムと言うのは、

適切な朝の過ごし方から
生まれるものなのです。

朝型人間ほど脳を上手く
活用できる特徴があります。

一方、夜更かしが習慣となり朝も
ダラダラと寝て過ごしている人の脳は、

理想的なリズムからはほど遠く、

その歯切れの悪さから、
なかなか本来の調子で
働く事はできません。

朝からローギアの夜型人間は
脳を上手く使いこなせないのが
特徴なのです。

起床後の習慣の質と言うのは、
それだけで一日の質を左右するほど
重要なのです。

体温変化と朝型人間と夜型人間の特徴

そう言う意味でも、

前回紹介したように、

朝の時間の質を高めるため
しっかり朝食をとるべき

と紹介しましたが、

脳にとって朝食の重要性は
ブドウ糖だけでなくもう一つあります。

それが体温との関係です。

人間の体温には、
24時間の周期があります。

一般的に人は、

最も体温が高いのは
昼の二時頃で、

最も低いのは午前二時ごろです。

夜更かしをすると寒く感じることが
あると思うのですが、

それはその為です。

実際の所、
午前二時と午後二時の体温は
一度くらい差が開いています。

そして、体温と知的作業能率は
密接に関係します。

朝型人間と夜型人間の脳の特徴

ここで同じ職場で仕事を
していても、

朝から元気に活動
している人もいれば、

午前中はとかく
ボーッとしていて、

夕方ごとにエンジンが
かかるという人もいます。

つまり朝から元気な人が
朝型人間、

朝が弱い人を夜型人間
と呼んでいますが、

これも体温変化によって
この特徴に違いがあります。

生後間もない赤ちゃんは、

昼夜の別なく20時間以上
ひたすら眠っています。

一ヶ月を過ぎる頃になると、

昼と夜とで行動に違いが現れ

4ヶ月を過ぎれば
24時間周期のサイクル

サーカディアンリズムが
はっきりと見て取れるようになります。

体温変化と体内リズムと脳のリズム

朝型人間と夜型人間の違いは、
体温変化によく現れます。

一般的に人間は、

体温の低下と眠気が
随伴して生じ、

体温が上昇すると
目覚めるものです。

朝型の人では夕方6時頃に
ピークがあり、

そこから緩やかに下降線を書き、

睡眠中に最も下がると、
次に上昇するのが

朝の6、7時頃になります。

つまりこの頃に目覚める
ことが出来れば

理想的な睡眠のパターン
といえます。

夜型人間の人は

体温のピークが遅い時間に
やってくるため、

体温が下がる時間も遅れます。

すると入眠時間も目覚める
時間も広くなると言う訳です。

脳の活性化と体温の関係

つまり個人差はあるものの
脳と体温は関連性があると言う事、

体温が高い時ほど
知的作業能率は高く、

体温が低くなると
知的作業効率も低下します。

朝起きたばかりの時は
体温はまだ低く、

その低い体温をなるべく
早く上昇させてあげることが、

頭の回転をアップさせることに
つながると言う訳です。

そして、体温を上昇させる
最適の方法が

食事をとる事なのです。

食事をすると、体温は
急速に上昇し、

早くも一時間後には
ピークに達します。

そして、5~6時間は
そのまま高い体温が持続します。

生活リズムを朝型に変えよう

そうです。

体内にはリズムがあり、

そのリズムに合わせて活動をする事が
非常に重要なのです。

こうしたリズムは太陽と月の
リズムに合わされて作られると言います。

特に女性は脳と宇宙とのリズムが
敏感に影響を受けるので、

生活リズムには気をつけた
方が良いのです。

月のリズムで排卵、体温変化が
コントロールされる訳ですから、

男性に比べて宇宙的存在と言え、
より自然体である事が求められるのです。

いずれにせよ男性も女性も、

みすみすリズムをみ出して
脳の活性化を邪魔するのは
得策とは言えません。

電車の中で口を開けて
眠り込んでしまう人は、

生活リズムが乱れているのでは
ないでしょうか。

メリハリのある朝の習慣が
何より脳に大切なのです。

しっかりと睡眠を取り、
体調を整えて脳の働きを最大限に
引き出すほど、

倍々ゲームで良い効果を生みます。

現在、生活リズムが崩れ
夜型人間になってしまっている人も、

朝型に変える工夫をしましょう。

朝1時間早く起きるメリット

「早起きは三文の徳」

といいますが、

まずは1時間だけ、試しに
いつもより早く起きてみましょう。

朝の一時間は、夜の三時間に
匹敵すると言います。

朝の時間を確保する事で、

その快適さとここと良さに味をしめて
習慣化されて行くはずです。

周りを見回してみても、

仕事の出来る人の生活スタイル
成功者ほど「朝型人間」の特徴を
持った人が多いです。

脳にとって良質の睡眠と言うのは
量よりもむしろ質です。

たとえ10時間眠ったとしても、

浅い眠りなら心身の疲れはとれません。

引き換え、ぐっすり眠った後の脳には、

神経細胞中にカテコールアミン
と呼ばれる伝達物質が蓄積され、

一日を精力的に過ごせる
だけの活気を備えてくれます。

ダラダラ夜更かしをするより、
深く眠り朝早く起きる方が、

脳だけでなく身体の調子も良くなります。

脳の活性化のための体温変化方法

朝型人間ほどメリットが多いです。

これだけで仕事の成果も
あがってくるのではないでしょうか。

慌ただしく菓子パンとコーヒーを
胃に流し込み、

電車の中で口を開けて眠るならば、

一時間早起きしてゆっくり
朝食を食べる、

これだけで人生が変わります。

これは体内リズムの観点からも
効率的なやり方なのです。

朝食を食べて家を出て、
会社に一時間後に着いたとしたら、

体温はピークになっていて
すぐにでもバリバリ仕事をやり始めれます。

しかも数時間はその状態が
継続するのです。

このような現象を
食物の特異動的作用と呼びます。

特にタンパク質にはこの作用が強く、
カロリーの20%がこの種の熱に変わります。

ちなみに脂肪や糖は5%程度です。

こうしたことから考えると
炭水化物とタンパク質の
バランスの取れた朝食が大事という事です。

伝統的日本食は、
その点でも優れています。

米という炭水化物に、
納豆やみそ汁で良質なたんぱく質を補給でき、

洋食であっても
パンで炭水化物を、

目玉焼きなどでタンパク質を
補給できるので、

人間の脳に対する知恵は
洋の東西を問わないのかも知れません。

しっかりと朝食を食べる習慣を持ちましょう。

では次回から具体的に
どういった食べ物を食べて行けばよいのか。

脳に理想的な食生活について
一緒に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法