スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

目標設定をうまく活用する事で集中力が発揮され脳を動かす

      2016/10/19

目標設定をうまく活用する事で集中力が発揮され脳を動かす
今回のテーマは、

目標設定をうまく活用する事で
集中力が発揮され脳を動かす

について紹介します。

前回までのお話しで、
欲求が脳を活性化させるという
話をしてきたのですが、

さらに「目標」というのが
脳を刺激させます。

そもそも脳と言う器官は、
目標がないとなかなか
動いてくれないものです。

目標があれば集中力や
意欲もまるで変わってきます。

仕事や勉強、スポーツでもそうですが、

何らかの目標があって突き進んでいるとき、

脳はその本領を発揮して
集中的に力を出そうとします。

しかし何のためにやっているか
分からずに、ダラダラと作業を
しているときは

脳はほとんど働いていないも
同然なのです。

これではやがて錆び付いてしまい
脳そのものが衰えてしまいます。

スポンサーリンク

欲求はあるがすべて叶わない?

欲求というのは、誰もが抱いています。

「お金が欲しい」
「異性にもてたい」
「良い就職、転職をしたい」
「ライバルを圧倒したい」

など願わない人はいません。

人生を左右する大欲求から、
目先の今楽したいと言ったものまで

人間は欲望が服を着て
歩いているようなものです。

にもかかわらず、

その欲が叶う事は稀です。

漠然とした欲以上に意欲が沸かない
願望を実現するやる気がどうもわいてこない

結局、不満を抱えたまま
昨日と同じような今日を生きる事になります。

その理由を脳の構造に転嫁するのは
よくないでしょう。

人によってやる気ホルモンの量が少ないとか
A10神経が短いという事はないからです。

では一体どこに問題があるのでしょうか。

答えは、「具体的」な目標のなさです。

ご褒美が見えると脳は動く

以前も紹介しましたが、

報酬系と呼ばれる脳の仕組み、

ご褒美が見えたり、実感できたとき

我々の脳内にはドーパミンや
エンドルフィンなど

報酬系の脳内物質が出ます。

快楽ホルモンと呼ばれる
こうした脳内物質によって得られる
快感が忘れられずに

これが原因でギャンブルに
ハマってしまう人も増えています。

しかし上手く活用すれば
これほど強力なものはありません。

仕事や学習に有益に使えば
人生をさらに豊かにできるはずです。

そしてこうした報酬系の
脳内物質が出ている時は、

神経細胞の回路自体が
変わるとも言われているので、

学習能力そのものが
高まっている訳です。

ここで、資格の取得、
語学の習得などもまた

脳への一つのご褒美となるのです。

なぜ勉強は長続きしないのか?

しかし、何の目的もなしに
目標もなしに、

英会話スクールに通っても
長続きはしません。

脳はそれをご褒美と実感しない訳です。

苦痛や退屈な勉強では
脳は動く事ができないのです。

だからこそ例えば、

「英語を身につけて海外旅行へ行く」

さらに言えば

「アメリカで本場の野球を観戦する」
「○○と言う有名なレストランで食事する」
「現地にガールフレンドを作る」

と言った具体的な目標を掲げてこそ、

脳にとってのご褒美となり
やる気がむくむくと出てくるのです。

そして集中して勉強に
取り組めるようになり、

その結果、脳に刺激を与え
新生ニューロンが増え、

脳そのものを活性化させる事が
できるのです。

目標設定をうまく活用する事で
集中力が発揮され脳を動かす
事ができる訳です。

目標を立てると前に進む脳

今一度、自分の欲の本当の目的が

何かを確認しておく必要が
あるのではないかと思います。

漠然とした願望も、
ないよりはある方がずっとマシです。

しかし、少し具体的な
目標にそれをシフトしたほうば良いです。

「中小企業診断士の試験に
三年以内に合格する。

その資格を足がかりに、、」

とはっきりしたプランを立て、

「合格する為には今何をすればいいのか」

「資格を活かすための布石は」

と、半年後、三年後、五年後の
中間目標を設定するのです。

根気が足りない、
意欲が長続きしないと嘆く人も、

大きな具体的目標と、
今日一日、

この一週間という短いスパンに
やるべき事がきっちり決まれば

そうそう挫折はしません。

分けても、具体的な
中間目標は重要です。

中間目標を一つ一つクリアできれば、

達成感が喜びとなって脳が刺激され、
次の目標に向かう意欲がむくむくと
わいてくるはずです。

こうした脳はようやく動く訳です。

目標設定を上手く調節しながら
やるのが良い方法です。

優れた脳の目標設定を使った例

そして何よりも自分の本当の
意欲や願望に沿った

目標や目的が無ければ行けません。

会社に言われたからスキルを磨く、
親に言われたから受験勉強する

…では脳はなかなか動かないのです。

ここで素晴らしい目標設定を
活用した例として、

元プロ野球選手の新庄剛志選手の
例を紹介したいと思います。

「札幌ドームを観客で満杯にする!」

これは日本ハムファイターズに
入団した時の会見で

新庄剛選手が高らかに宣言した目標です。

そして彼は見事その目標を実現し、
さらには日本シリーズ優勝と言う
タイトルまで獲得して、

喝采のうちにユニフォームを脱ぎました。

新庄選手は大変優れた
目標設定力を持った例と言えます。

そして彼の次々の掲げる目標は、
チームメイトやファンも巻き込んで行き、

大勢の人が彼のビジョンの魅惑され、
彼らはそれを自分の目標であるかのように
後押ししました。

そして新庄選手は
たくさんの人の夢を抱え込んで、

それを力に変えるような形で
達成して言ったのです。

まさに目標を活用し
脳や身体を刺激した好例と言えるでしょう。

新庄選手の活躍ビデオ↓

自分の願望が分からない、欲しいものが無い?

ただここで一つ問題があります。

報酬系の実験で用いられた
サルやマウスなど

動物で学習の実験をした場合、

ご褒美となるのは何より「餌」です。

とてもシンプルですが、

我々人間の場合、

特に現代の日本のように豊かな先進国で、

衣食住、生存の欲求が満たされている
感情においては、

ご褒美となる対象がそれほど
単純ではないのです。

私たちの脳は明確な目標
具体的なご褒美を実感できないと

なかなかやる気を発揮しません。

そして、そのままであれば
簡単に脳は年老いてしまうのです。

網状やご褒美なく生きていれば、

いつもぼんやりとした雑念にとらわれ
脳の刺激がなくなって行きます。

特に年を重ね中高年に
なって行けば行くほど、

社会的な地位も財産も手にして
新しい事へのチャレンジが
なくなってしまいます。

単純な餌で地位でもお金でもない、

あなたなりの目標を立てる事が
一番の鍵になるのです。

仕事が順調な人であれば

趣味の分野で新しい
目標を見つけるのも良いでしょう。

その新しい課題にチャレンジ
して行く事が、

脳のアンチエイジングに繋がります。

目標設定は自分で考えなければ行けません。

脳の特徴を使った成功法則

人は欲によって動き、
脳は快感によって奮い立ちます。

この生体メカニズムを活用するのが、
やる気を持続させ、

成功を手に入れる法則だと言えます。

もっと突き詰めれば、

「脳は必ず、もう一度、もう一度
と快感を求めます。」

その本能の尻馬に乗るのです。

上手く目標をコントロールすれば
脳をコントロールできるのです。

そう言う意味で目標設定には、

予想外のアクシデントや
計算通りに進行しない事を
織り込むのがコツです。

素早く計画を練り直し、
的確な仕切り直しをする、

いわゆる段取り力です。

できる人間は、この段取りが非常にうまいです。

最終目標はもちろん、
細かな中間目標もきちんと頭に入っているので
迅速に無駄なく動けます。

失敗の多い人は、どうも最終目標の前で
オロオロしているか、

中間目標の細部にとらわれ過ぎて
諦めているかのパターンが多いようです。

目標設定をうまく活用する事で
集中力が発揮され脳を動かすのです。

ぜひうまく目標を設定し
脳を活性化していきましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法