スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳が快感や快楽などを求める報酬系の仕組み、脳内麻薬の影響

      2016/10/19

脳が快感や快楽などを求める報酬系の仕組み、脳内麻薬の影響
今回のテーマは、

脳が快感や快楽などを求める
報酬系の仕組み、脳内麻薬の影響

について紹介します。

「好きこそ物の上手なれ」

と言う言葉があるように、

学習でも仕事でも、

好きな事に対しては私たちは、
積極的に興味を持ち、

集中して取り組む事ができます。

まさにゾーンと呼ばれる
「没頭する」ような状態ですが、

脳の中ではシータ派が出て
海馬が活性化し、
新生ニューロンが増えています。

脳機能が高まっている状態です。

当然記憶力も高まり、
理解力なども高まる訳です。

まさに「好きこそ物の上手なれ」
は脳科学の見解から見ても、

妥当性のあるやり方なのです。

スポンサーリンク

好きな事ばかりもやってられない

ただ、残念な事に私たちは
「好きな事」ばかりやっていく
訳にはいかないのです。

ときには嫌な仕事をする
必要もありますし、

学校の勉強が大好きで
進んでやりたがる子供は少ないです。

学習や仕事には、それなりの
苦労が伴うのが現実でしょう。

そこで大切なのが、

私たちを学習へと駆り立ててくれる
モチベーションの存在です。

学習や仕事の先にはっきりと
「ご褒美」を作ってあげることが
重要になってくるのです。

この「ご褒美」を脳科学では
報酬系と呼びますが、

脳内物質、中でも依存性の高い
脳内麻薬と呼ばれる存在が
分泌する事で、

行動力が増してくる訳です。

脳は快感や快楽などを求める

人間は本能的な欲求として
快感や快楽を求めて
脳は働いているのです。

欲求や本能などと言うと、

汚らわしいよからぬ印象を
受ける人もいるかもしれません。

ましてやそれを満たすことこそが
脳の刺激法であるという話など。。

なかなか受け入れ難く感じる
人もいるかもしれません。

しかし、現実的に人間の脳は
快感を求めています。

例えば、
褒められるのと怒られるのでは、

もちろん褒められる方が良いですね。

特に子供は何かやって褒められると
とても喜びます。

大人も褒められて悪い気はしません。

(稀に怒られて快楽に転化する
例もありますが、その例は別の機会に)

これも脳が快楽や快感を求める
メカニズムに他なりません。

脳が快感を求める報酬系の仕組み

ここでちょっと
特異な例となりますが、

こうしたご褒美と
モチベーションの因果関係、

脳の報酬系のシステムで
最も分かりやすい例はギャンブルです。

例えば、

パチンコを考えてみましょう。

良くテレビゲームに熱中する
事もたちが問題視されますが、

大人にとってもパチンコは
不健康な遊びでしょう。

そもそも冷静に考えれば、

隣の人と肩が触れ合う
くらいの狭い席に座り、

じっと目の前の台を長時間
も眺めるだけ、

しかもお店の中は大音量の
音楽と煙草の煙で一杯です。

さらにパチンコはお金を
どんどん使います、

せっかく頑張って働いて
稼いだお金が吸い込まれて行く…

途方も無いストレスが
蓄積されて行くはずです。

パチンコで勝つのには
実力は必要とされないので、

ゲームとして考えても、
テレビゲームの方がよほど
創造性や思考力が必要とされる遊びです。

脳と言う観点からも、

パチンコに代表するギャンブルは
決してお勧めはできません。

しかし、、

脳が快感や快楽などを求める
報酬系の仕組み、

その際に分泌する脳内麻薬の
影響と言う面から見れば、

また興味深い事実が浮かび上がります。

脳内麻薬、ドーパミンやエンドルフィン

冷静に考えればストレス
まみれのゲームに関わらず、

パチンコ店は大繁盛です。

開店前から並ぶ人が出るほど
人はパチンコが辞められません。

トータルで考えれば大きな
お金を失ってしまうにもかかわらず
パチンコに熱中する人がいます。

なぜならそこにお金という
「ご褒美」があるからです。

こう言うご褒美が見えたとき、
そしてご褒美を実感できたとき、

脳の中ではドーパミンや
エンドルフィンなどの報酬系の
脳内物質が出てきます。

俗に「快楽ホルモン」と呼ばれる
脳内麻薬の一種なのですが、

これによって得られる快感が忘れられず

人々はギャンブルにのめり込むのです。

理性で損と分かっていても
動いてしまうのが脳内麻薬の影響です。

もっと言えば、その報酬を
受け取るのに苦労、苦痛がかかるほど、

そのご褒美に魅力を感じて
しまうのです。

ドーパミンやエンドルフィンの
詳しい仕組みは今後詳しく
紹介して行きますが、

まずは脳の報酬系の仕組みと
脳内麻薬の関係について
大枠を理解しておいてください。

欲=生命そのもの

ギャンブルは決してオススメ
できませんが、

この脳のシステムは

上手く仕事や勉強に
活用したい所ですね。

だからこそ上品に構え過ぎず、

快感や快楽などの欲望を
しっかり見つめるべきなのです。

欲と言うのは生きたいという願い、
生命そのものなのです。

欲がなければ生きていないと同じ事です。

例えば、

性欲は動物にとって
種族保存に欠かせないものですし、

食欲は個体の維持に不可欠です。

そしてどちらの欲も、
満たされた時には最高級の
快感が得られるようになっているのです。

満たされないと困るからです。

つまり、生命体に必要な行為をすると、
脳は快感を覚える仕組みになっています。

正確に言えば、

人が快感を求めるのは
下半身や舌ではありません。

脳なのです。

それは性欲や食欲の中枢が
脳内にあることからも明白です。

恋人の顔を見れば視覚が、
抱き合えば触覚が、
美味しいものを食べれば味覚や嗅覚が、

五感が刺激されます。

その刺激を受けて脳が至福を味わうのです。

モラルやタブーはありますが、

たしかに動物と同じように
欲求のままに行動すると、

人間として社会の中で
大勢の人と共存していくのが難しくなります。

それをセーブする為に
モラルやタブーは存在します。

だからこそ、
規範をわきまえるならば、

人の迷惑をかけない範囲で、
自分の健康を害さない範囲で、

脳のために快感や快楽を
大いに活用すべきなのです。

食も性も多いに謳歌するべき
それこそが脳にとってもいい事なのです。

また、脳は食欲や性欲に限らず
他の様々な欲求も満たされる事を
望んでいます。

例えば、所有欲

欲しいものを手に入れ、
使う事で生活が便利に楽になる。

欲を満たすことで、
より生きやすくなるわけです。

名誉やステータスと言った
実態のないものに対する欲望も、

満たせば、仕事の依頼が増えたり、
自分の仕事を他の人が積極的に
手伝ってくれたりと言った、

実質的なメリットが得られます。

また、逆境に立たされた人間が
想像もできない底力を発揮するのは、

快適な生活を取り戻したい、

もう一度幸せになりたいという
非常に強い欲求が生じるからです。

脳は快感を報酬に働く

基本的には欲求は、

自分が生きる上で役に立つもの
に対して抱きます。

毒にも薬にもならないものに
基本脳は興味も関心も抱きません。

当然、欲求もわきませんし、
気力も生じません。

こう考えると、大げさな言い方ですが、

人間は、幸福感や喜び、満足感など

快感を求めて行動する存在

といえるのです。

そして脳はこれらの快感を
報酬として求めてやる気が沸くのです。

もちろん脳内麻薬は諸刃の剣です。

ギャンブルで身を滅ぼす事もあれば、

フロー状態で学習して
仕事に没頭する事ができます。

ここでご褒美と言っても
大袈裟な事をやる必要はありません。

例えば

「褒める」「笑う」「喜ぶ」

といったプラスの感情は

人にとって快感です。

なので快感物質ドーパミンを多く分泌します。

だから子供や部下の教育でも、

ミスを見つけて叱るより
長所を褒めることの方が格段に
成長を促すのです。

そもそも人類がそうして
成長してきたと言えるからです。

それに叱るよりも
褒める方がこちらの気持ちも良いですし、

ドーパミンの分泌にもつながる
脳にとって効率的な使い方なのです。

脳が快感や快楽などを求める
報酬系の仕組みを理解し、

脳内麻薬の影響を踏まえながら
適切に活用して行きましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法