スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

丸暗記のデメリット、理解力を高める事が記憶力を高めるカギ

      2016/10/19

丸暗記のデメリット、理解力を高める事が記憶力を高めるカギ
今回のテーマは、

丸暗記のデメリット、理解力を
高める事が記憶力を高めるカギ

について紹介します。

私もそうなのですが、

学生時代の勉強が苦手で
それから勉強や記憶に関して
苦手意識を持ってしまう人がいますが、

ただただ記憶して暗記しろ
というのは非効率的と言えます。

「こんなもの覚えて、何に役に立つんだ!」

と首をかしげながら必死に丸暗記した事柄が
今でもどれだけ頭に残っているでしょうか。

恐らくほとんど覚えていないはずです。

そういう意味では、

一夜漬けの試験勉強などは
記憶力増強に取って、

労多くして功が少ない
という恨みも生まれるでしょう。

そして記憶に苦手意識を持ってしまえば、
非常にもったいない事です。

デメリットの多い学習法と言えます。

そもそも学習、記憶の本質は
どういったものなのでしょうか。

ここでもう一度考えてみる必要があります。

スポンサーリンク

暗記は一方通行、ではどうすれば・・

一夜漬けの勉強、丸暗記

こういう方法は、
電車の切符のようなものです。

目の前の改札を通過する
切符にはなりますが、

切符は改札を出れば手元には残りません。

つまり、入ったはいいが、
出し入れができません。

私たちが手に入れたい記憶力とは
いつでも改札を出入りできる定期券、

或は現代流で言えば
Suicaのようなカードです。

これがすなわち長期記憶です。

では、長期記憶を増やすセオリーは何か。

一つ目は、前回にも言ったように、

情報を何度も反芻して、神経細胞の
ネットワークをより強固なものに鍛える事。

繰り返し、繰り返し、
それを身につけると言う事、

そしてもう一つ、
同様に重要な事は

「理解する事」

です。

繰り返しと理解力が
本物の記憶力にとって大切です。

公式を丸暗記するのでなく理解すれば

三角関数の公式は…

sin2θ + cos2θ = 1
tanθ = sinθ / cosθ
sin ( θ + 2nπ ) = sinθ
cos ( θ + 2nπ ) = cosθ
tan ( θ + nπ ) = tanθ
sin2θ=2sinθcosθ
cos2θ=2cos2θ-1
sin(A±B)=sinAcosB±cosAsinB

…etc

数学が大好きと言う人を除き

例えば数学の公式は
無味乾燥なものであり、

何百個も丸暗記するのは難しいです。

一瞬テストのために覚えて
後は忘れて使えないなら、

時間の無駄ですし、脳にとっても
デメリットとなります。

はなはだしい苦痛と多大な時間の
消費に音を上げて

覚える努力を放棄してしまうでしょう。

そして「自分は意思の弱い三日坊主だ」
などとやけになり、

負の思い込みを持ってしまいます。

しかしここで、公式の意味を
「理解」していれば話は別になります。

三角形の面積を求める公式と
円の直径を求める公式を
混同する事はないですし、

公式そのものを忘れてしまっても、

底辺×高さで四角形の面積が分かるから、
三角形ならその半分

・・・と理解していればすぐに
対応できるはずです。

覚えようと意識せずとも自然に頭に入る。

これが記憶力の本当の強さです。

そして記憶が人生に応用できる
メリットある学習法になる訳です。

この「自然に頭に入る」記憶を
サポートするのが反芻であって、
理解なのです。

理解すればその情報は知恵となる

きちんと理解して覚えたものは忘れません。

「腑に落ちた」と言う感覚は
脳で単なる情報として入ったものが
知恵になる瞬間かも知れません。

知恵であればあなたの
人生に応用して役立てる事ができます。

逆に理解のない知識はいくら
たくさんあっても役には立たないのです。

なので「記憶力が弱い」と
諦めている人も、

覚えたい事柄をきちんと理解していたか
どうかを振り返ってみましょう。

丸暗記のデメリットには注意が必要です。

世の中は複雑な要素が
いくつも絡み合っています。

記憶すべき事柄は数学の公式のように
単純明快だとは限りません。

だからこそ、まず「わかる」ことが、
記憶の重要なポイントになるのです。

理解出来た時にはもう
頭にインプットされていると
言ってもいいでしょう。

記憶を高めるのは、
対象を理解しようと努力する習慣を付け、

理解する力を高める事を
抜きには語れないのです。

学生時代なら、テストの点数をとる
と言う事も意味はあったでしょう。

しかし、大人にとって、

…いや、誰にとっても本質的な
勉強と言うのは、

「何かをただ覚える」
事がゴールなのではなく

「頭に入った情報を使えるようにする」

つまり人生に役立てる事なのです。

ここを忘れていたら、
学習の本質からぶれてしまいます。

大人の方が子供よりも賢明である

特に大人になれば

「若い事は教科書一冊くらい
丸暗記できたのに…最近では
なかなか覚えられない」

などと嘆く人もいるでしょう。

確かに、脳と言う面で見れば、

およそ30歳を境に生化学的な
意味では老化が始まります。

性ホルモンや脳内物質の
分泌量が減り、

脳神経細胞の数も減少して行きます。

生活の中での実感としては
物忘れが増えてきたり、

やる気や活力が萎えてきた
と感じる人もいるでしょう。

しかしよく考えてください。

大人であるあなたと
今より若い頃のあなたを比べた場合、

どちらの方が人生のトータルな
意味で「賢明」と言えるでしょう。

確かに年を取り中年になれば、

物忘れをする機会が増えたり、
体力の衰えは感じるものの、

そうであっても間違いなく

「現在の自分の方が賢明で、
良い仕事ができる」

と答えるでしょう。

若い頃とは知識の量も違えば、

人生経験を積んで、
総合的な判断力が確かなものに
なっているからです。

データのインプットより理解力

つまり、若い頃はただ
データのインプットだけがあり、

そこに経験がないため
理解に繋がっていなかったのです。

それを年を重ねて経験が加わり
理解力が上がる事によって

人生に応用できるようになったのです。

脳の実力は丸暗記した情報より
こうした「賢明さ」にあるはずです。

年を重ねるほど、

脳の中には膨大な記憶と、
実践を踏まえたケーススタディが
蓄積されて行きます。

そう言う場合には、何か
困難な局面に向きあったときも、

過去に類似するケーススタディから
回答を引っ張り出してきて、

それと照らし合わせつつ
冷静且つ的確な判断ができる
ようになってくる訳です。

一方で若い頃は、まだまだ
インプットが簡単にできます。

丸暗記もできるでしょう。

しかし経験やケーススタディ
が少ない為、

実際にどう対処して行けば良いのか
分からないのです。

つまり、的確な決断能力などは、
大人になるほど優れている訳です。

これはいつの時代の学習にも
当てはまるのではないでしょうか。

理解をしないでただ覚えても
それは意味があまりない訳です。

理解力こそ記憶力を高める

最近でも、英語を学びたい
英単語を記憶したいと言う人は多いですが、

様々な学習教材などが売られています。

例えば英語を学習して
英単語をすべて記憶したとします。

必死に丸暗記したとします。

しかし英語圏の人と
一回もコミュニケーションせず、

彼らの文化を学んだり、
こちらの文化を教えたり、

そう言う事をしないのであれば、

英語を記憶すると言う事に
あまり意味はないと思うのです。

例えば、得意先の電話番号や
振込口座を100~200件も
そらんじられるからといって

頭の良い人間、
賢い人間とは言えません。

そんな事は、住所録や電子手帳に
任せておけばいいのです。

特に今の時代はパソコン、
インターネットが高度に発達し、

データとしての情報はそこに
全て網羅されている訳です。

問題は、知識や経験が
確かな血肉となって

記憶、活用されるかどうかです。

そしてそのカギは理解力です。

理解して覚える事は情報にも有効なのです。

丸暗記のデメリット、そして
理解力のメリットを把握して、

理解力と言う記憶力を高めるカギを
しっかり活用していきましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法