スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳の力をアップさせる法則を遂に公開!脳の正しい鍛え方

      2016/10/18

脳の力をアップさせる法則を遂に公開!脳の正しい鍛え方
今回のテーマは、

脳の力をアップさせる法則を
遂に公開!脳の正しい鍛え方

について紹介します。

今「脳」の存在が世の関心を引いています。

頭の良さは誰もが望むものですが、

それが脳の機能を高める事と
ほぼ同義だからでしょう。

しかも最近の研究では、
脳の仕組みが急速に解明されています。

そんな研究を踏まえた
脳の力をアップさせる「法則」を
これから公開して行きます。

「我思う、故に我あり」

これは17世紀の哲学者デカルトが
残した有名な言葉です。

この言葉通り、
私たちは脳があってこそ、

己の存在を知ることができます。

そして、すべての知的活動や
人間らしい行動は、

脳があってこそ成立しています。

そんな脳のどの機能を活性化すれば、
どんな現実的能力がアップするのか、

またそのためにどんな刺激が
必要なのかを知りたいのは当然ですね。

仕事でも勉強でも趣味でも
人間関係でも、

脳が成功の秘訣となるでしょう。

スポンサーリンク

脳力をアップさせる法則

とは言え脳というのは、

あるカプセルを飲めば良くなる…

というほど単純なものではありません。

ある食品や薬品を摂取すれば
痩せられるというのが間違いで
あるようにです。

そこで、このサイトでは
新しいテーマとして、

脳力をアップする為の
或いは維持し衰えを防ぐためのノウハウを

多角的にあらゆる面から
考えて紹介して行きます。

脳の力をアップさせる法則を
ステップバイステップで公開
していきます。

もちろんこれらは、ある一般的な
「法則」ではありますが、

人の脳はそれぞれ応用の
仕方は異なると思います。

なのでこのサイトの情報をベースとして、

各人の最適の脳刺激法を
考えてもらいたいと思います。

古代から続く脳機能の重要性

しかしよくよく考えれば考えるほど、

脳と言うものは不思議です。

例えば、人の記憶と言うのは
実にいい加減なものです。

高度な技術を開発し、
宇宙にまでロケットを飛ばせる
知能を持つ一方で、

鍵をどこに置いたか思い出せなかったり、

覚えたはずの単語が出て来なかったり、

言った言わないで人間関係の
トラブルになったり、

年を取ればなかなか人の
名前が出て来なかったり、

知ってる漢字が書けなくなったりします。

だからこそ人間は古代から
記憶にこだわってきました。

古代ギリシャにはムネモシュネ
と言う記憶を司る女神もいました。

この女神は詩の女神ムーサと
共に学問の守護神でした。

古代から中世にかけては
記憶力は知者にとって欠かせぬ
条件とされてきました。

そして時代が進み、

こうした記憶力など知性を司るのは
脳である事が分かってきたのです。

現代社会こそ脳の鍛え方が重要な時代

もちろん、記憶力は重要です。

しかし脳の力をアップさせる
脳の正しい鍛え方としては、

記憶だけに注目していては行けません。

しかし、学校教育を見れば、
未だに事情は古代から
変わっていないでしょう。

学校で習う事の大半は、

新しい知識の記憶であり、

「記憶力が良い=頭がいい」

と言う図式は今なお生きているでしょう。

現代も記憶力偏重の社会です。

個人が扱う情報の量は、
10年前と比べても飛躍的に
増えている訳です。

しかし一方で、人間の脳の
仕組み時代は数十万年前から
ほぼ何も変わっていないのです。

であれば、現代社会で
周りに差をつける為には、

脳を上手く鍛え、適切に使い、
成果に結びつけるテクニックが必要であり、

これからの情報化社会を
生き抜く為の重要なスキルになるでしょう。

科学的にも解明される脳の正しい鍛え方

最近の脳の研究はどんどん
進んでいます。

ひと昔前であれば、

私たちの心の中を覗き込む事は
到底できないと考えられていました。

また、人間の行動が遺伝子に
よって左右されると言う事も、

昔の考えでは許されない
ことでした。

ところが、研究は進み最近では、

神経の動きがリアルタイムで
測定できる技術が開発されたり、

人の全ゲノムが解読されるようになると

私たちがかかる遺伝性の病気だけでなく、

病気のかかりやすさ、運動能力、
心理状態、異常行動、知能、社会性

そして遺伝子のスイッチをオンオフする
環境要因まで、

科学のまな板に乗ってきています。

当然科学で全て分かるとは
言えませんが、

実証された脳の力をアップさせる
法則、脳の正しい鍛え方というのは
存在する訳です。

脳にとって積極性こそが大切

もちろん、

いくら脳力が高まっても、
あるものが欠けていれば成功は
おぼつきません。

それは気力と意欲です。

積極性こそすべての
成功につながるのです。

どれだけ有効なテクニックがあっても
あなたの気力がなければ、

それは効果を生みません。

さらにもう一つ追加するとすれば
それは楽観度です。

人間は多かれ少なかれ、
時に挫折することがありますが、

そういう時に再び立ち直る
パワーの原点が、

自らを励ます楽観度です。

何事にも悲観して考えない事です。

脳の正しい鍛え方の前に、
あなたの心構えで変わると言う事です。

もちろんこのサイトでは、

そんな意欲や楽観が脳のどこから
わき上がっていくかについても
触れて行きます。

長寿化社会に向けて脳を活性させよう

今の若い人が社会の中堅になる頃、
日本には超高齢化社会が到来しています。

人間長生きするのは結構な話です。

秦の始皇帝が不老長寿の伝説を求めて
徐福という人物を日本に派遣した

という伝説があるように、
長寿は人類の悲願でありました。

それがある意味現代では
達成されつつあるのですが、

喜ばしい話だけではありません。

当然の結果ながら、老人性痴ほう症など
が増え続け、まもなく200万人を超すという勢い
だそうです。

特に日本の少子高齢化は
これから深刻になって行くでしょう。

身体がしっかりしていても、
頭脳がぼけていては意味がありません。

脳がしっかりしていてこそ
充実した人生が送れるのです。

脳の正しい鍛え方は
脳の健康アップにも大切です。

まだ若いうちから脳を鍛える
という事を心がけねばいけないのです。

その対策の中核としては、
専門的に言えば、

廃用性委縮を避ける事

つまり「使わなければダメになる」
という考え方です。

逆に言えば適切な刺激を
与え続けて、

頭を使えば使うほど
脳の機能はいつまでも高まると言う事、

脳を鍛える公式は?

つまり、脳を鍛え脳力をアップさせる公式
というのは、

頭を使い続け、身体を使い続ける事です。

痴呆の原因というのは、
脳細胞の減少と、血管の老化
という二つに集約されます。

欧米では、痴呆は脳細胞の減少、
いわゆるアルツハイマーが多いのですが、

日本でも次第に血管性の痴呆が減り、
アルツハイマーも増えてきました。

このサイトで紹介する脳の鍛え方は

学習や仕事に応用するだけでなく
脳をいつまでも若く健康に保つため

このサイトを参考に、
長い目で見た脳の管理を始めて
欲しいと思います。

思考、判断、理性、記憶、
感情、意志、表現…など

たいていの人は
日ごろのこうした精神活動を

ごく当たり前のことと感じている
かもしれません。

しかし、こうした
ごく当たり前のことは、

脳が気の遠くなるほどに
複雑で精緻な仕組みが
問題なく機能しているからこそ

できることなのです。

その仕組みの精巧さを知れば、

日ごろ物事を考えたり、
記憶したり、行動したりと言った

当たり前にできていること自体が
まるで奇跡のように思えてきます。

非科学的に思われるかもしれませんが、

まさに神様からのプレゼント
と感じるほどです。

そんな奇跡の脳を
これまで以上に活性化し

機能をアップさせていくための
法則について

脳と言う神秘的な臓器の
可能性とその引き出し方について、

これから一生に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法