スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

借金と商売と運気の意外な関係、経営とスピリチュアルと運気

      2017/12/28

借金と商売と運気の意外な関係、経営とスピリチュアルと運気
今回のテーマは、

借金と商売と運気の意外な関係、
経営とスピリチュアルと運気

について紹介します。

経営者、ビジネスマンにとって、

成功と運気の関係は非常に
気になる所だと思います。

お金の流れは誰にとっても
もちろん大切ですが、

今回は、ビジネス、商売と運気の関係

そして、借金と運気の意外な関係
について紹介していきます。

借金というのは不運の代表という
イメージがあるかもしれませんが、

もちろんデメリットが多い行為です。

でも実は使い方次第で
運気を味方に使う事も出来るのです。

ビジネスや商売の運気を高めると言うのは、
社会的に重要な貢献になります。

スピリチュアル的にも
世界に価値を与え人々の暮らしが豊かになる。

これは素晴らしいことです。

普段の生活をちょっと考えてみても、

信じくらいの多くの人が
商売やビジネスをして、

お互いを支え合って生活を
成り立たせているのです。

ビジネスマンにとって、仕事は人生の
大半を費やす大切な行動です。

しっかり運気を味方につけ、
成功を掴んで行きましょう。

商売でうまく行くシンプルな成功法則

ビジネスで成功する、
経営、商売がうまくいく、

その秘訣を一言で言えば、

人の心を動かし、心を捉える
人に喜んでもらえる商品やサービス、

それをしっかり人に届ける。

これこそがビジネスの成功と
収入をもたらします。

つまり、ビジネスの運を上げたければ、

人々を心から喜ばせるような事を
考え出せばいいのです。

世界中の人たちが喜ぶような
商品やサービスを考え出したら、

そしてそれを適切に提供出来たら、

その人には大量の財が集まってきます。

シンプルな成功法則です。

古今東西からこの法則は変わっていません。

経営者はここを忘れてはおけません。

他人に不幸や不快を与えて
巨万の富を得たビジネスマンは
今まで一人もいないのです。

自分の事だけを考えてエゴを
満たす事だけをしていては、
成功はできないのです。

もちろん富を奪うような人物はいましたが
彼らは決してビジネスマンではありません。

そしてそういった人物は
必ずしっぺ返しを受けています。

因果応報やカルマの法則と言うのは
宗教じみた不思議な法則ではありません。

喜びや快を与えればそれが返ってくる、

悲しみや不快を与えればそれが返ってくる

シンプルな法則なのです。

スピリチュアルな世界も
複雑に考える必要はありません。

商売を上手くやる運気の使い方

しかし、、

人の心を動かすために、

まずは自分の心を
動かさなければならないのです。

ここに運気の要素が関わります。

人の心を動かせない人と言うのは、
恐らく自分の心が感動していないのです。

「ビジネスで成功したい」

そう願うのであれば、

自分の心を動かす感動体験を増やし、
人の気持ちが動く感動ポイントに気づき、

それをビジネスに生かして下さい。

経営者は五感を磨き、

スピリチュアルな感性を磨き、
直感を磨くのです。

論理、ロジック、科学的根拠は
もちろん重要でしょうが、

それ以上の物が大切です。

例えば、
消費者心理を考えてみましょう。

私たちは買い物が大好きですが、

決して物が欲しい訳ではなく、

そのものの先にある感情の変化が
欲しいのです。

この辺りの感覚を研ぎすませば、
ビジネスで困る事は無くなるでしょう。

そしてあなたがビジネスを始め、
会社の経営を任されているのであれば、

会社の経営は、身の丈、身の程を
知って行う事が重要なのです。

背伸びして、自分の身の丈以上の事を
ごまかしながらやる続ければ、

いつの日か破綻してしまいます。

これがもうひとつの
ビジネスの成功と運の関係として
大切な要素です。

ジャパネットたかたの社長の
高田明さんのは良くこう言うそうです。

「身の丈を知って商売をやっています」

、、と

借金などせず、身の丈を知り商売をする

これは難しい事ですが、
大切な心がけだと思います。

借金と運気の意外な関係

身の丈にあったビジネスと言うのは
かなり重要なのですが、

しかし、堅実一方でも、
いつも無借金経営ならば良いかと言われれば、
必ずしもそうではありません。

借金と言うのは商売をうまく生かせるうえで
また運気を呼び込むうえでも意外な役割があるのです。

陰と陽のように表があれば裏があります。

無借金経営というのは、

ゆとりがある、心の余裕と言う
意味では豊かさは確かにあります。

しかしそこにプレッシャーがない分、
会社を成長させれないと言う恐れもあります。

そしていざ借金をする必要にかられた時、
心にもろさが出るという問題もあります。

借金に免疫がないと、

イザお金が必要になった時、
経験がない分オロオロしてしまう。

そんな事もあります。

企業経営を行う場合では、多少は
借金を作っておいた方が良い場合もあります。

お尻に火が付いていた方が、自分自身を
高めるエネルギーにもなるからです。

私の知人の中にも、
借金は十分返せるほど
金銭的な成果を手にしているにも拘らず、

自分を戒めるために
すべてを返さず、

借金を持ち続けている人もいます。

そのおかげで、気のゆるみや
行動力の低下を防ぐ事が出来る

通しえてもらった事もあります。

大きなリスクを取る必要はない

だからと言って大きな借金を負い

大きなリスクを取ることを
お勧めするわけではありません。

レバレッジという甘い罠にかかり
大きな失敗をする人もいます。

私自身も、ビジネスに置いても

プライベートでも
借金はしないようにしています。

他の手法で自分自身にプレッシャーを
かける工夫をしているのですが、

ただ、
完全な無病息災を目指すのは、
間違った考え方でしょう。

全くの無病状態で生きている人ほど、

いったん病気になると
一気に全てが壊れてしまう事もあります。

免疫と言う人体の
素晴らしい仕組みがあるように、

一度体内に入ったウィルスを
免疫がしっかり対応できるようになって
始めて次の病気を防げるのです。

一病息災と言う言葉があるように、

時々熱を出す子供の方が自然で
健康的と言うのが本当の所なのです。

「純粋培養」という言葉も
比喩でよく使われますが、

大切に育てられ社会の悪い部分を避けるように
育てられた子供などに喩えられますが、

こうしてなにも知らずに育った人は
ある意味打たれ弱いのです。

「成長」と言うのは、摩擦や試行錯誤など
様々な刺激を経て達成していくものです。

もちろん、完全に子供を放置して
悪の道に進む事も放っておけば良いのでなく、

あまりにも激しいストレスは
心身にダメージも与えます。

しかし要はバランスなのです。

このあたりのバランスを
うまく取れるようになると

運気のコントロールもうまくなっていきます。

経営とスピリチュアルと運気の
関係をうまく活かしていきましょう。

 - 運気を味方に付ける成功法則