スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

記憶術、脳力アップノウハウは原理や理論まで理解するべき

      2016/10/23

記憶術、脳力アップノウハウは原理や理論まで理解するべき
今回のテーマは、

記憶術、脳力アップノウハウは
原理や理論まで理解するべき

について紹介します。

これまで色々な記憶
テクニックを紹介してきました。

また、これからも学習の加速度を上げる
テクニックを様々紹介していきます。

そしてその際、その記憶術のテクニックや
能力アップノウハウの「原理」や「理論」
にまでなるべく言及することにしています。

こうした原理原則や理論を読むとき、
もしかしたら、

「説明が長いな、、」
「複雑な事はおいといて結論だけ教えてよ!」

そんな意見もあるかもしれませんが、

できるだけなぜその方法が効果的なのか?…

というその背景にある原理まで
押さえておくべきなのです。

表面だけのテクニックではなく、
なぜそれが効果的なのかを知ることは、

記憶術や脳機能アップにとって
非常に大切なことなのです。

スポンサーリンク

原理や理論は引き金を増やすことになる

なぜこれら原理や理論、
背景などを、説明するか?

それらの記憶術の原理などは
前回説明した記号化にとって

つまり、最小の努力を払うだけで、
大量の記憶を可能にする方法だからです。

引き金があるほど記憶しやすい
という説明をしてきましたが、

「原理や理論」自身が
想起の際の引き金となるのです。

原理原則や、ルール、規則、理論

といったものは、

一定のパターンがあり、
それは数学の方程式のように

様々なパターンに当てはまるものです。

確かに、
車が走る原理を知らなくても
運転はできますし、

コンピューターの原理や理論を
知らなくても使う事はできます。

しかし記憶にとっては
原理という引き金があった方が、
定着が高まるのです。

記憶も視点が変われば結論も変わる

また興味深い事に、

各分野によって同じ現象でも
捉え方が違い、

別々の原理や理論を発表したしします。

例えば記憶の捉え方も、

医学であれば、

アルツハイマーや認知症など
物忘れの症状や治療といった
観点から記憶を見ます。

心理学では心の動きの中の
一つとして記憶を捉えます。

トラウマは過去の記憶に発する…などです。

情報工学や医学の研究であれば、

脳自体の電気信号の経路や
保存の仕方に着目するでしょう。

人文科学であれば、

精神活動に無意識のうちに
悪影響を与える記憶や、

思考の材料になる記憶、

記憶にまつわる人のエピソード

など「記憶」を素材として活用する
視点が主ではないでしょうか。

もちろん勉強法や教育の分野であれば、

いかに効率的に記憶できるか
覚えるテクニックなどが
メインテーマになってくるのです。

どの分野にしても同じ記憶
を対象にしながら、

その捉え方はまるで違ったりします。

このサイトでもできるだけ
色々なジャンルから

記憶に関する原理や理論を
紹介してきました。

これも複数の視点から
引き金を増やすためでもあります。

原理や規則、理論は記憶の引き金になる

1967年にA・S・ルバーさんによって
行われた興味深い研究で

単語間の関連性が潜在意識的に認知される

ということ分かりました。

彼は二つのグループにそれぞれ
意味のない単語のリストを渡しました。

一つのグループは、

ランダムに抽出された
単語からなるリストを渡され

もう一つのグループは、

特定の規則または原理や理論に沿って
編集されたリストが渡されました。

後者のグループにはそこで、
どんな原理に基づいているか?
という説明は明示されなかったのですが、

第2グループは、第1よりも、
2倍よく学習しました。

ここから言える結論は

規則は推論と例示から学び得る

ということです。

結果だけを考えるよりも、

この原因でこの結果になった、

その説明があるだけで
学習の効果は伸びるのです。

なぜドイツ語が困難なのか?

例えばドイツ語を学んだ事がある人は、

どの言葉が、男性詞なのか、女性詞なのか、
はたまた中性詞なのか?…

それを覚える事が困難という生徒さんは
多くいると思います。

そう言った生徒に、

簡単な原理、記憶術の理論を
教えると簡単に覚えれるようになります。

heit keit

で終わるドイツ語の単語が
すべて女性であることを教えると、
良く覚えれるようになるのです。

学習の際、その背後にある原理まで
しっかりと理解した時、

つまり

「ああ、分かった、、」

と言う時、

私たちは学習課題に対し、意味付けと
個人的な関連性を与える事になります。

その情報が生徒の固有の記憶、
ファイルに保存をする事に成功するのです。

記憶テクニックも相性次第で変わる

また多くの記憶原理や理論を
知っておく事のメリットは、

自分に合った記憶テクニックを
使いこなせる事ができる点も挙げられます。

何事でも「相性」というのは
大切な事です。

人間関係や恋人関係でも、

趣味も性格も違うのに、
どうもソリが合わない人がいる

かと思えば、

趣味も性格も違うのに、
いつの間にか大親友になっている、

という人もいます。

また楽器の演奏家やスポーツ選手は、

自分が使う道具との相性を
非常に重視すると言います。

どれだけ優れた道具でも、

肝心の使い手である自分との
相性が悪ければ、

何の役にも立たないからです。

そしてこれは記憶でも同じなのです。

誰もが効果を発揮する万能の
テクニックがある訳ではありません。

数ある選択肢のなかから
最も自分に合う記憶ツールを選ぶ
という事が重要なのです。

従って、
たくさんの記憶の原理や理論を
知っておけばおくほど、

その活用や応用の幅が広がります。

記憶術テクニックを変えてみよう

このサイトでも様々な記憶術を
紹介してきましたが、

人によって相性は分かれるはずです。

イメージで覚える事を
大の苦手としている人もいるでしょう。

イメージして覚えた方が
やりやすい人もいるでしょう。

絵を描くのも苦痛な人が
無理にマインドマップを使えば、

逆に記憶の定着は悪くなります。

なので、せっかく覚えようと
思ったのにすぐ忘れるとかじる時、

その記憶テクニックそのものが
自分に合っているかどうかを、

改めて考えてみるのも
大切な事です。

本質的に記憶力が低い人、
忘れっぽいという人がいる訳ではありません。

やり方が自分にあっておらず
適切に力を引き出せていないだけなのです。

だからこそ、
勉強する時は、記憶術や
参考書選びなども、

相性という視点から
選ぶという事も重要なのです。

感情的に意味を持つと脳に刻まれる

また記憶や学習と言う面から見ても、

自分にとって意味のないモノは
どんなものでもあまりよく覚えていない
ものですが、

意味のあるもの、

特に感情的な意味を持つものは
なんでもよく覚えているものなのです。

例えば日本と隣国韓国との
相違点はたくさん挙げられるでしょうが、

アフリカの国々の違いを述べる事は
普通はできません。

距離が近いものは
良く覚えているものですが、

距離が離れている分野ほど
良く覚えられないものです。

また、好きなことや楽しい事は
脳を活性化させるキーワードですが、

例えば、

サッカーや野球、テニスなど
スポーツが好きな人と嫌いな人がいます。

この差は何か?というと、

上達の楽しさを知っているか
いないかの差だったりします。

努力して練習すると
「できるようになった!」
という快感を得ることができます。

その快感が楽しさや嬉しさに
結びついてさらに上達します。

その分野について幅広い深い、
知識を得れば得るほど、

そのものが好きになり上達するのです。

学習でも、やり続けて行くうちに
「あ、分かった」「なるほど!」
という瞬間が訪れます。

その快感を得ることが
学習効果を上げるコツであり、

原理や理論を学ぶ事は

「あ、分かった!」という
引き金を作るきっかけとなるのです。

なので、これからもこのサイトでは
さまざまな引き金を加えるべく、

原理原則や理論的背景まで
紹介していこうと思っています。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法