スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

抽象的な概念ほど記憶しにくい、具体的な名詞ほど記憶しやすい

      2016/10/23

抽象的な概念ほど記憶しにくい、具体的な名詞ほど記憶しやすい
今回のテーマは、

抽象的な概念ほど記憶しにくい、
具体的な名詞ほど記憶しやすい

について紹介します。

(※今回の記事はこのエクササイズをやった後に
読んで頂く方が理解が深まります。)

人間の思考は具体的なものから
抽象的なものまで概念的なレベルがあります。

隣の家で買われている柴犬のポチ

柴犬



哺乳類

生物

有機物

…など、抽象度が上がっていきますが、

隣の家の愛犬ポチの方が
記憶に残りやすいと思います。

今回紹介する記憶の原理は、
抽象的な概念ほど記憶しにくく、
具体的な名詞ほど記憶しやすい

という点です。

スポンサーリンク

具体的な概念ほどイメージしやすい

以前エクササイズした
単語リストを振り返ってみると、

あまり記憶できなかった思いが
生まれるかもしれません。

なぜなら、あの単語リストには
概念を多く入れていたからです。

特に「愛」や「知恵」など概念に
関する単語はそれを具体的な
イメージにすることが難しいです。

イメージしにくい概念は
最も記憶しにくいのです。

逆に最も覚えやすい単語は常に
名詞や形容詞です。

なぜならイメージ化、
視覚化しやすいからです。

これから具体的な記憶法の
テクニックを話していきますが、

その中でイメージ化、視覚化というのは
記憶のキーポイントの一つです。

数字が覚えにくいのはなぜ?

例えば多くの人にとって

数字の羅列というのは
覚えにくいと思います。

74276911389092510346

これは何故かと言うと、

数字というのも抽象的で
観念的な世界のもので、

私たちの住む具体的な世界では
それほど重要視されないからです。

ここで、

観念の世界に属する数字を
刺激的で覚えやすい具体的な
世界と結びつけることで

記憶しやすくできるのです。

例えば、数字を
人間の姿に結び付けるのは
効果的な方法です。

これは戦前の天才記憶家という名前を
ほしいままにした石原誠之さんも
使っていた方法です。

ジェームズボンドが007

ありがとうと言ってる
アメリカ人は39(サンキュー)

ミュージシャンのジュークは19

など、数字と人を結びつけると
記憶の結び付きが多くなり覚えやすく
なるのです。

他にもごろ合わせなども
記憶術として効果的ですね。

まず数字を大きく区切り、

74(梨)27(フナ)
69(麦)1138(いい宮)

90(熊)925(国子供)
103(瞳)46(白)

それぞれごろ合わせを行い、

こう言った単語を故郷の風景に
重ね合わせて物語を作って記憶したのです。

子供が言葉を覚えるプロセス

例えば、新しい言語や
外国語を学ぶときは

母国語を覚えた時と似た手順を
踏むと効果的です。

子供は言葉を覚える時、

「ママ」「くるま」「わんちゃん」

名詞など物を表す言葉を学んでから

次に

「ひと」「のりもの」「どうぶつ」

など抽象的な言葉を学びます。

大人になっても、

いわゆる抽象度の高い思考が
できる人の方がIQが高く、

様々な面で成功しやすいと言います。

しかし記憶の原理で言えば、

人の脳はまず具体的なものを覚えて行き、
次に少しずつ抽象的なものを覚えて行きます。

なので、具体的であるほど
記憶はしやすいと言う事です。

この原理を覚えておけば、

記憶をする際、効果的に覚える
ことが出来ます。

自分の知っている物と結びつける記憶効果

またこの原理を応用するなら、

新しい知識をインプットするとき、

既に知っている具体的な
ものと結びつければ、

より覚えやすくなる事は
言うまでもありません。

人の頭の中には赤ちゃんの時から、

習得、復習してきた具体的な
「基礎情報」がある訳ですから、

そこに抽象的な新しい情報も
上手く根付かせる事ができれば、

それは記憶の増進に繋がるのです。

これを心理学では

「アンカリング」(イカリを下ろす事)

とよぶのですが、

既に知っているものと結びつけて
覚えるテクニックは有効です。

例えば、

フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア

の国の形を思い浮かべてください。

この中でハッキリ形が思い浮かぶのは、
どれかと聞かれたら、

恐らく多くの人が「イタリア」
と答えるのではないでしょうか。

あれは何かに似ているなあ…

なぜイタリアの形は思い浮かぶのか?

それはイタリアが「長靴」の
形に良く似ているからです。

記憶しにくい抽象的な概念でも、

自分の知っている具体的な名詞
と結びつけて覚えれば記憶しやすい
というわけです。

これを応用すれば、

どんな国の形もなにかしら
自分の知っている物と結びつければ、
覚える事ができますし、

覚えるのに苦労する歴史上の人物も
意識的に芸能人や自分の親戚や友人の
顔と結びつけてしまえば、

記憶に定着されやすいのです。

こうして自分の知っている物と
結びつけていると、

それだけ鮮明に覚える事ができます。

なかなか覚えられないものを記憶する技術

どうしてもつまづいて
覚えられないという時は、

何か具体的なものと関連づけて
連想できるものを見つけましょう。

目に見えない概念もできるだけ
視覚化できるものと結びつけましょう。

そう言えばこの歴史的人物は
あのマンガの主人公とそっくりだな…

などと連想できるものが見つければ、
確実に記憶に根付くのです。

操り人形というのは、

多くの意図につながれていながらも、
糸を引く人の手の自在になります。

それと同じように、

こうした自分の知っている
具体的なものと結びつける事で、

記憶の糸がこんがらがらなくなり、

スムーズに必要な知識を
引き出す事ができるのです。

具体的な動機づけほどパワフル

またこの抽象的と具体的という点は
記憶に関してだけでなく、

動機づけをする際にも重要です。

どんな勉強を行う時も、
動機づけが重要になります。

目的やゴールがなく勉強をしても、
あまり意味がありません。

私も以前、見聞を広める
という名目で、

セミナーや勉強会に頻繁に
出席していた時期がありました。

そこで学んでも

「面白い話を聞けたなー」

程度で終わってしまい、

インプット量は増えても
その知識を活かす場がありませんでした。

「なぜ勉強するか」

という根源的な理由、動機づけが
曖昧どころか無かったので、

ただ勉強に費やす時間とお金
だけがなくなるだけでした。

そこで学んだ内容は実は
あまり記憶にも残りません。

だからこそ具体的な動機づけ
が必要な事に気づいたのです。

抽象的な夢は実現より具体的な夢が実現する

また

「将来役に立つから」
「周りがみんなやっているから」

と言った曖昧で抽象的な一般論は、
強力な動機付けにはならないのです。

もっと絞り込んだ
具体的な理由が必要なのです。

「資格が欲しい」

よりも

「ファイナンシャルプランナーの資格が欲しい」

よりも

「一年後にファイナンシャルプランナーの
資格を取得して、三年後に独立し、
経営コンサルタントとして活躍する」

のほうが実現しやすい訳です。

具体的な目標であるほど
鮮明にイメージする事ができます。

曖昧なものを掴むのは
雲を掴むようで難しいですが、

具体的なものであれば掴める訳です。

曖昧で抽象的な動機では

勉強も続きませんし、
記憶力も上がりません。

「なぜ自分は勉強をするのか?」

…この問いかけを自分に常に投げかけ、
動機を具体化するようにしましょう。

動機というのは文字通り、
人を行動に駆り立てるエンジンです。

勉強の途中で何度もこれを見直す事で、
自分のやる気を高める効果を
発揮するのです。

抽象的な概念も、
具体的な名詞も、

思考力という面から言えば
どちらも重要なのですが、

記憶や動機づけなど
変わってくる訳です。

抽象的な概念ほど記憶しにくく、
具体的な名詞ほど記憶しやすい

という点についても
ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法