スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

退屈は脳にも勉強、記憶にも有害、インパクトと記憶の関係

      2016/10/23

退屈は脳にも勉強、記憶にも有害、インパクトと記憶の関係
今回のテーマは、

退屈は脳にも勉強、記憶にも
有害、インパクトと記憶の関係

について紹介します。

(※今回の記事はこのエクササイズをやった後に
読んで頂く方が理解が深まります。

退屈というのは
脳にとっても勉強、記憶にとって
かなり有害になります。

そしてインパクトと記憶には
深い関係があります。

例えば、

あなたの過去の経験で、

この話しは知ったとしても
こんな事はすぐ忘れるだろう・・

と予測できた経験はありますか?

読んでいても全然
入り込めなかった小説、

聞きながら途中で眠って
しまったラジオ番組、、

友人や恋人が話す
くだらない世間話、、

など、聞いてるうちから
もう忘れてしまいそうな事がありますね。

「私たちがすぐ忘れるだろう」

と思ったとき、それは

脳内が「面白くない」と
言っているのと同じです。

つまり、退屈だと脳は
何も活性しないのです。

何も私たちの想像力を
かきたてるものがない時、

その情報はただのデータ
として通り過ぎていってしまいます。

そうなってしまえば、
学習もできなければ記憶もできません。

逆に言えば、記憶や学習、
勉強をはかどらすためには、

脳に刺激を与える、
想像力をかきたてるものが必要。

という事です。

スポンサーリンク

目立たせると注意を喚起する

前回理解したように、

目立った要素は
私たちの注意を喚起します。

インパクトがあれば
脳に印象が残ります。

だからこそ、
ある感覚や感情を喚起するような
何か方法で何かを提示されたら

それはより良く覚えられる
ということです。

なので、あなたは以前
やった実験のリストの中で

「京都」やその前後の単語を
覚えていた可能性が高いのです。

なぜなら、そこに注意が喚起され、

その周辺の単語や出来事に
ついての想起も向上するからです。

だからこれから簡単な記憶の
テクニックとして単語を覚えるときに、

そこに目立ったものを
挿入することによって

インパクトがあればある程、

注意力を高め記憶力を
高めることができるのです。

以下の記憶テクニックを
あなたの個性に合わせて
利用してみて下さい。

目立たせることによって退屈をしのぐテクニック

「蛍光ペンで脳の環境を刺激する」

自分の本や教科書ならば、
蛍光ペンを使うと便利です。

新しい重要な情報に
蛍光ペンで線を引いておくと

1日後、1カ月後、1年後でも
教材を振り返る時に役立ちます。

蛍光ペンはまた彩りを添え、
脳の感情部分を刺激してくれます。

退屈な教科書でも
インパクトを残せる簡単な方法です。

中でも古典的ですが赤ペン
というのは理に叶ったやり方です。

信号でも「赤」は「止まれ」

血の色を連想する人の
注意を引く色な訳ですから、

参考書などの大事な部分に
アンダーラインとして赤ペンを引く、

覚える内容を赤ペンで書いて覚える
などすればイメージが鮮烈に
頭に焼きつくでしょう。

さらにどうしても覚えたい場合、

それを大きく書いておけば、
さらにインパクトがあって

特に重要な事柄を際立たせて
覚えられるでしょう。

ドラマティックな読み方で読んでみる

先ほどのテクニックが
視覚を使ったものであれば、

こちらは聴覚を使うものです。

ドラマティックなことは記憶に残ります。

パステルカラーのドレスは
キレイかもしれませんが、

誰もが着ている一般的で退屈なものです。

一方で黒いドレスに
一輪のバラが咲いたドレスの方が
記憶には残ります。

なので、教科書や本の中で

非常重要な部分や
記憶が難しいものの場合、

ドラマティックに声を出して読んでみると、

視覚的なイメージが記憶に残るのと同様に、
音声も記憶に残りやすくなるのです。

音読の脳への効果は
知られてきましたが、

俳優や声優になったつもりで
ドラマを展開するように読めば、

つまらない教科書でも楽しく
インパクトのある事として
記憶に定着するでしょう。

退屈と興味分野を混ぜるテクニック

つまらない退屈な勉強は
記憶に定着しない訳ですから、

思い切ってやらないというのも
一つの手でしょうが、

どうしてもそうした勉強も
しなければ行けない事があります。

そう言う場合は、

興味のある分野で、
興味の無い分野の勉強を
サンドイッチさせることです。

例えば、

数学が嫌いで国語が好きなら、

国語

数学

国語

と、数学の勉強をする前の5分、
後の5分ほど国語の勉強をする事で、

スムーズに嫌いな分野の勉強に
移行できるようになるからです。

またこのテクニックを活用するのに
お勧めなのは手軽にやる気が上がる、

「やる気の出る本」

をいつも手元においておく事です。

名言集や心に火がつく言葉を集めた

本をいつも手の届くとこにおいておき、

疲れてきたとき、退屈してきたとき、
気分が暗くなった時に、

ぱらぱらとめくって
気を取り直す事ができるのです。

脳を一度切り替えて好きモードで
動いてしまえば、

そのまま動くものです。

こうして退屈な勉強も好きな
気持ちで行える訳です。

学習セッションに休憩を入れよう

さらにこの作用を使った記憶の応用編です。

例えばこれまでの学校教育のように、

退屈な授業が長ければ長い程、

想起(つまり記憶)の限界は
起きやすくなるということです。

目立ったり、感情や感覚が
喚起されないからです。

ではどうすればいいでしょうか?

『授業の合間に休憩をはさんで2分割する』

のです。

こんなちょっとした
工夫であなたの記憶レベルは、

全体的にレベルを向上
させることができるのです。

まず、休憩をはさみ
学習の塊を二分割することで

人は、初めて触れる情報、
そして最後に触れた情報を

記憶にとどめやすい傾向があります。

こうした冒頭効果と最新効果が
倍になり記憶力は上がることは
以前も紹介しましたが、

脳にとってインパクトのある
場面がそれだけで倍増するとも言えます。

さらに、いったん休憩をされる事で

学習に対する感情が
喚起される回数も多くなります。

もしかしたら学習をする際に、

休憩を入れる事に抵抗がある人も
いるかもしれません、

しかし、例えば

60分の学習をする際に、

60分間ぶっ続けで学習する事と、
間に休憩を入れて学習する事

実は休憩を入れて学習する方が
記憶のレベルは向上するのです。

この方法すぐ実践できますので、
ぜひさっそく取り入れてみて下さい。

人生にインパクトがある人の脳

また、勉強面でなく、
人生やライフスタイルを

興味深くする事は
脳を活性化させる良い方法です。

そして人生にインパクトを与え
面白いものにするには、

「行動を起こす事」

なのです。

人間は動かないと何も起こりません。

私たちの社会生活は
少し大袈裟に言えば、

人生は何か行動を起こす事で
変わるのです。

タクシー運転手さんの話しが、

自分の仕事での重要な
ヒントになるかもしれません。

飛行機で偶然隣の席に
座った人が、

仕事の成功をもたらす
可能性だってあるのです。

家でじっとしていれば、

何も変わらない
日常を送っていれば

脳は常に退屈を感じ
やがて衰えていってしまいます。

先ほど紹介した
勉強のテクニックは重要ですが、

それよりもやはり、

実際に体を動かして
で書けてみるというのは、

脳にとっては大切なのです。

誰かに会うと言った行動によって
思わぬ展開が生まれたり
何か発見があったりします。

これは人間という生き物が

本質的に動物である事と
無縁ではありません。

動き回る脳物は動く事で
脳を発達させ、

じっとしている植物は
じっとしてエネルギーをためます。

これが動物と植物の根本的な違いです

教科書は本の勉強は
蛍光ペンや休憩で作れます。

が人生のインパクトは
何かしらの行動でしか生まれません。

そうして退屈しない
脳を刺激させる行動を起こせば、

記憶力も上がっていくでしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法