スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳の可能性を引き出す新しい教育システム、学習環境の必要性

      2016/10/23

脳の可能性を引き出す新しい教育システム、学習環境の必要性
今回のテーマは、

脳の可能性を引き出す新しい
教育システム、学習環境の必要性

について紹介します。

人間の脳というのは、
たくさんの花の種子がまかれた
庭のようなもので、

命の続く限り、
それらが開花する可能性は
無限にあるのです。

私たちはその可能性を
いかに引き出すか…

との観点から教育を
考えなければいけません。

しかし残念ながら、

現在の日本や先進国における
既存の教育システムというのは、

その観点が抜けて
いるように思います。

ここで言う脳の可能性というのは、

普通は、資質とか才能といった
隠れた能力の事を指すと思います。

確かに幼い子供たちが、
音楽や絵画や機会に興味を
持つ事はあるでしょう。

しかし、本当の意味での
脳の可能性というのはそれ
以上の意味があるのです。

それは適切に育まれ、
啓発され、伸ばされれば、
確実な形となって現れるのです。

そんな可能性を伸ばす
教育をぜひ実践して欲しいと思います。

新しい教育環境を設定
する必要があります。

脳の可能性は無限なので、
私たちは果敢なチャレンジが必要なのです。

スポンサーリンク

脳にとって適切な学習環境とは?

前に、脳を他のものに例えるなら

コンピューターよりむしろ
ジャングルであると説明したのですが、

私たちのこのジャングルのような脳は、

私たちの学習能力にとって
どんな意味があるのでしょうか?

恐らく答えは、

脳に合うようなジャングルのような学習環境
が必要という事ではないでしょうか。

ジャングルのような学習…想像すると
興味深いと思います。

例えば、学校で

ジャングルのような教室

と聞くと、ちょっと妙なイメージを
持つかもしれません。

ただここで言っているのは、

カオスのような秩序のない状態を指す
というものではなく、

例えば、今までの簡素な教室でなく
多様な要素が織り込まれた教室の方が、

ジャングルのような脳にとっては
適切に学習できるのではないかという事です。

ぴったり整列された机と椅子に
キレイに並ばされて、

座らされて、教科書を教える…

これでは創造性はなかなか
発揮されないでしょう。

様々な角度から
脳へ刺激を与えるような環境…

脳の可能性を引き出すためには
新しい教育システムが必要ではないでしょうか?

これまでの教育システムは

工業化時代のもの作りが
主体の経済体制のもと

考えられたシステムです。

これから情報化、知識化社会
に進んでいく我々にとって

効率的な教育システムとは
言えないのです。

古い教育システムはもういらない?

今までの教育システムのように、

教師が好む教え方で一方的に
押し付けられるような

スキルや知識の断片を生徒が
うまく処理できるか否かで
生徒の成績で判断する。

そういう方法ではなく、

生徒が本来持っている能力を引き出す
学習環境が良いのではないか?

私が言いたいのはそういう事です。

こう考えると、
ジャングルのような教室という
アイデアはそれほど突拍子でもない
考えではないかもしれません。

一人一人の生徒のユニークな才能やニーズ、
複合的な知性の融合、右脳と左脳の傾向…

・・などを考慮すれば、

例えば、

学習しているときに
音楽を聴くのが好きな生徒がいたり、

情報を理解して、吸収する為に
質問をどうしてもしたい生徒がいたり、

机に縛られるよりも動き回っている方が
良く考えられる生徒もいます。

最近の脳科学の研究では
少なくとも8つの領域の知能が
あると言われています。

そしてそれぞれが
その適正にあった教育メソッドを
用いれば、

それぞれが才能を伸ばせるのです。

次世代の教育カリキュラムは

もっと個人のニーズに立脚したもので
あるべきと思うのです。

例えば、

基礎的な言語や論理的なスキル(左脳)
に集中するよりも

芸術や人間学(右脳)と言った
科目に着目する必要がありそうです。

古臭い教育システムを一度疑ってみて
新しい可能性を探求することで

私たちの脳、学習面の質も量も、
全ては高まっていく可能性があります。

脳とコンピューターの違いと教育システム

そうです。

脳というのはコンピューターのような
機械ではなく、

どこまでもデリケートな
生ものなのです。

この視点を抜きにして、

学習システムも勉強も脳の健康も
考える事はできません。

コンピューターであれば、

CPUの処理速度を上げたり、
ハードディスクの容量を増やせば、

そのまま能力のアップに繋がります。

しかし生ものである脳の場合、

ただ闇雲のデータを積め込めば
良い訳ではないのです。

それでは脳はすぐにパンクしてしまいます。

楽しい、嬉しいという感情も
そこのは必要ですし、

脳には十分な休息も必要で、
リフレッシュさせるのも大切です。

また脳はコンピューターの
ハードディスクやメモリと違い、

脳そのものの増設は不可能です。

「何かを付け足す」

という観点よりむしろ

「持っている力を引き出す」

という考え方が必要です。

そうなれば教育、学習環境を
考える上でも、

「知識を教える」よりも
「生徒の力を引き出す」という

考え方が必要ではないでしょうか。

脳を育てる学習環境とは?

もちろん何が理想かという
絶対的な答えは出せないでしょう。

しかし試行錯誤は必要です。

脳というのは特殊な器官です。

例えば、

胃の調子が悪いとき、
私たちは痛みやむかつきによって、

それを察知する事ができます。

「昨日お酒飲みすぎたせいだ」
「胃薬を飲んでおこう」

などできる訳です。

しかし、脳となればそうはいきません。

脳は中枢神経系という神経の延長で、
痛みを感じる知覚神経も通っていません。

私たちは身体の一部分に
痛みや疲れを感じると、

そこを大切にしようと思えます。

胃という臓器の存在を感じ、
それを客観視できるのです。

脳は痛みや疲れを直接的に
実感できないので、

なかなか客観視する事が
できないのかもしれません。

脳は未知の可能性が秘められる
素晴らしい性能を持つ器官である、

と同時になぜか我々人間は、

「自分の頭に脳というものがある」

という事を実感しながら
生きるのが難しいのです。

だから脳を感じて欲しいのです。

私たちの知性というのは、

一定の入力をすれば
一定の出力がされる…

という訳ではないのです。

脳をコンピューターのような
機械のようなものと考えると、

ますます脳を大切にしよう
という意識が薄まってしまいます。

脳の可能性を引き出す
脳をしっかり育てるために

新しい教育システムが必要です。

脳の性質が分かれば、分かるほど

既存の古い学習環境のままでは
時代について行けない…という
思いに駆られる人も増えるでしょう。

脳の可能性を引き出そう

そしてこうした
学習環境の変化の必要性は

何も子供たちに
限った事ではありません。

大人もこれからさらに
学習の必要性が高まるのです。

ジャングルのようなシステムとして
脳を例えるならば、

色々と私たちの感覚は刺激に満ちてきます。

あなたがこれまで教わってきた

「規律のとれたやり方」

それはもしかしたらあなたに合って
いなかったのかもしれません。

これから加速学習のテクニックを
色々と紹介して行きますが、

それらを知ることでこれまでの分を
取り戻すことができます。

もしもあなたがこれまでの試験や学習面で
全てにおいて大成功を収めていたならば…

人生は変わると思いませんか?

あなたがこれまで教わってきた方法は
本当にあなたにぴったりだったでしょうか?

決してこれまでのあなたの学習面の成果を
自己満足で終わらせないでください。

私はこんなものだと満足しないでください。

これからあなたの脳機能を加速させる
テクニックを紹介して行きます。

それにより、
あなたの脳力はさらに高まって行くでしょう。

ぜひジャングル脳の可能性の世界の実現を
一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法