スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

記憶力や創造性を高めるリラックスした脳波に変えるテクニック

      2016/10/23

記憶力や創造性を高めるリラックスした脳波に変えるテクニック
今回のテーマは、

記憶力や創造性を高める
リラックスした脳波に変えるテクニック

について紹介します。

前回まで見てきたように、

脳は状態によって脳波が変わるのです。

これは逆から見れば、

脳波を変えれば状態を変える
事もできるという事です。

このテクニックを活用し、
脳はコントロールをするコツを
身につけておく事、

これは学習にとって大きな
アドバンテージになるでしょう。

そもそも脳波がアルファ波の
状態の時に、

最も創造性、集中力、記憶力、
学習能力など、

脳の総合力が高まる事が
医学的にも証明されている訳です。

つまりリラックスすることで脳波を
アルファ波を働かせることで
学習効果は上がります。

脳波によって頭脳が
どういう活動状態にあるか分かるのですが、

何を考えているのか、
眠っているのか、
リラックスしているのか、

によって脳波のパターンは変わります。

スポンサーリンク

リラックスできる状態と環境

例えば、

各分野で成果を出す一流の人が
そのパフォーマンスを発揮するとき、

脳の中で様々な神経回路が
同調し、集中活動している訳ですが、

これはベータ波よりむしろ
アルファ波の状態の時です。

そして私たちも得意な事や
好きな事に集中している時、

前頭葉の部分からアルファ波が
観察されていると言います。

スポーツ選手などが
メンタルトレーニングによって
培っている能力というのも、

モチベーションの持続、
リラックスと緊張のバランスを整える事、

そしてアルファ波の状態を
コントロールする事と言えるでしょう。

ベータ波だけでなくリラックスを学ぼう

前回、現代社会は、
ベータ波優位の状況に支配され過ぎている
という指摘をしたのですが、

ベータ波状態というのは、

「木を見て森を見ず」

というような状況です。

木に意識を集中しているため
森が見えていないようなものです。

もちろん目の前に集中すること、
それも大切なことなのですが、

しかし、これから
リラックスすることを学び

脳波の状態がアルファ波や、

もっと理想的にはさらに深い
シータ波の割合を増していくと、
全体像が見えるようになってきます。

学習にとっては木も森も大切です。

抽象的な思考ができるようになり
長期的な考えができるようになり、

IQが上がって行く訳です。

リラックス状態で学習効果を上がる

目の前の敵や障害から
難を逃れる為の気が張った集中状態、

ベータ波も大切ではありますが、

しかし、どちらかといえば
全体を把握する方が特に学習の
効率はあがります。

特に現代社会では、
本当に命の危険にさらされる
ような状態は少ないからです。

アルファ波とは、
心が自然で受容的な状態です。

とてもリラックスした状態のことです。

筋肉が緊張していないときには、
怒りや憎しみ、悲しみや恐れなど
感じなくなり、ニュートラルになれます。

筋肉が緊張すると、私たちは人や物事に
必要以上に反応するようになります。

リラックスすると、
身体は無理なく安定した状態になり、

意識を思うように操れるようになります。

リラックスを操れるようになると
集中力を操るのも簡単になります。

ベータ波状態が続く事のデメリット

ベータ波が発する緊張状態が
長く続いてしまうと、

柔軟な発想や的確な判断が
できなくなってくるのです。

試験で言えば、解答が見つからず
イライラしたり、疲労感を
覚えたりする状態です。

そこで緊張を緩和するテクニック、

つまり脳波をアルファ波に変えて
リラックス、リフレッシュする事で、

仕事も勉強も効率はグンとアップし、

試験やプレゼンなどの本番でも
力を発揮できるようになるのです。

また例えば、

語呂合わせやシャレを用いるなど
ユーモアを使った覚え方をする
記憶術テクニックが効果的なのも、

この脳波を使っているのかもしれません。

閉塞した状況をリセットし、
楽しみながら知識として蓄積していく
方法と言えるでしょう。

創造性を高めたい人
記憶力を伸ばしたい人も、

まずは脳がリラックスできる
最適な環境を手に入れる事が

実は一番の近道なのかもしれません。

高血圧と脳波の関係

仕事や勉強における
記憶力や創造性に関わるだけでなく

また、脳波は脳の健康とも
深いつながりがあると言われています。

高血圧な人が増えている
と言われていますが、

高血圧が続けば脳梗塞
認知症を引き起こす要因となります。

40歳を超えた人で約23%、

つまり4人に1人が高血圧の
症状が見られると言います。

つまり4人に1人が
認知症予備軍と言えるのです。

脳梗塞のリスクを考えると、

40〜59歳までの
高血圧があれば4倍以上、

60歳以上の人で2倍以上、

それぞれ正常な血圧の人と
比べて脳梗塞が起こりやすくなる
と報告されています。

心身の健康の為のリラックステクニック

そこで高血圧を治癒する事は
脳の健康にとって重要です。

そこで多くの人が

「塩分の摂取を減らす事」

など食生活の改善や運動など
を思い浮かべるでしょう。

確かのこうした事も重要ですが、

最も大きな要因は実は
ストレスや緊張が続く事による
自律神経の乱れにあると言われています。

つまり脳波がベータ波の
緊張状態が続くと、

(あるいは過度にリラックス状態でも)

自律神経の交感神経が優位になり、
ストレスから来るホルモンに対応する
ホルモンが過剰に分泌されるため、

高血圧のリスクが高まる訳です。

高血圧の治療薬を飲み始めると、
一生飲まなくては行けないと
言われています。

こうなれば様々な日常生活に
負担をかける事になりますから、

普段からの心がけが重要なのです。

血圧はしっかり下げておくことで
心身にメリットがあるのです。

血圧を正常な値にする為にも、

ストレスを解決する事が
優先課題ですし、

その為には脳波を意識的に
アルファ波のリラックス状態に
導く事は重要なのです。

アルファ波を出すテクニック

さらにここでグッドニュースなのですが、

これから紹介して行くような
テクニックを使う事によって

誰でもそのアルファ波の状態に
到達する事は可能なのです。

脳波をある程度コントロール
することは可能なのです。

そして、

入浴やスポーツ、睡眠などは
リラックス効果が抜群ですが、

日常生活の合間、仕事や勉強の途中に
取り組める事が難しかったりします。

そこでもってお手軽なテクニックが
ここで力を発揮するのです。

例えば、

ある種の音楽を聴いたり
簡単なエクササイズをしたりすることです。

五感の刺激をコントロールする事で、
脳波をコントロールする訳です。

アルファ波に導くリラクゼーション
音楽を聴いているうちに、

脳の緊張が解ける事で
集中力が増したり、記憶力を
高めたりする効果もあると言われています。

最近でも話題のアロマテラピーは、

植物の持つ自然な香りを利用して
心と身体を健康にする方法ですが、

香りを家具とその刺激が脳の
本能や感情をコントロールし、

脳波をアルファ波にしてくれます。

瞑想や呼吸法、
バイノーラルビートと呼ばれる
テクニックも効果があります。

その具体的な手法も今後
詳しく解説していきますが、

こうした方法を体得しておけば、

仕事でちょっと疲れたとき、
緊張したり不安になった時に、

いつでもどこでも気分を落ち着かせる
事ができるので便利です。

まずは、あなたもベータ波という
木の状態だけにとらわれるのでなく、

もっと森を見れるアルファや
他の脳波状態にも意識を向けて下さい。

そうすることで、リラックスした状態で
必ずあなたの脳は活性化して行くことでしょう。

それが記憶力や創造性を高める
事に繋がるわけです。

それでは次回はアルファ波を越えた
特別な脳は状態シータ波に入る為の
興味深いテクニックも紹介して行きます。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法