スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

実験から分かる運を良くする人の行動と習慣..5つのステップ

      2017/12/28

実験から分かる運を良くする人の行動と習慣..5つのステップ
今回のテーマは

実験から分かる運を良くする
人の行動と習慣..5つのステップ

について紹介します。

運を良くする行動と習慣を持つのは
シンプルな事です。

常に、自分らしさを保つような、
そんな行動をとり、習慣付ける

そして脳に常に快や刺激を与える
ための行動や習慣を持つ、

そうすることで潜在意識のプログラムは

良い方向に書き換えられる事ができ、
運は確実に良くなっていきます。

逆に、自分らしさを失う事
自分の気が滅入ってしまうような事
ばかりやっていると、

自信が無くなり、自尊心が持てなくなり

例えばそれまで幸運だった人でさえ、

自分の運を使い果たし、
やがて失速してしまいます。

またマンネリ化した同じ事の繰り返し、
退屈でつまらない事ばかりやっていれば
脳機能も低下してしまうのです。

人間の「心」というのは
ものすごい機能を持っているのです。

まだ科学的には全く解明されて
いませんが、

とてつもなく繊細かつポテンシャル
を秘めた機能があります。

普段から、ここに意識して

潜在意識のプログラムを良いモノに
書き換えるような行動を習慣づける事が
幸運への道と言えます。

運をよくする行動、習慣の実験

「運がいい人と悪い人には
行動や習慣に違いがあるのだろうか?」

この疑問に答えを出すべき、
イギリス、ハートフォードシャー大学で

長年「ラッキーの研究」をしている
名物教授が、ある興味深い実験をしました。

「面白い実験をします」

という新聞広告につられて集まった
たくさんのボランティアを、

教授は二つのグループに分けました。

すなわち、

自分をラッキーな人間だ
と思っているグループと

自分はツイていない人間
と感じているグループです。

この実験では、

彼ら一人一人に同じ新聞を配布して、

すべてのページに写真を合計何枚出て
くるかをカウントしてもらいました。

でも本当の狙いはそこではなく
実はこの新聞の途中には、

「この広告に気づいた人には
賞金を差し上げます。」

という文言が何度か大きく掲示して
あったのです。

そして実験の結果です。

自分をラッキーな人間だと
思っているグループの人たちは、

皆その賞金をゲットすることが
できたのに対し、

自分はツイてない人間だと
感じているグループでは

ほとんど賞金をゲットできませんでした。

なぜなら、写真の数を
数えることにムキになりすぎていて、

文字広告に気づかなかったのです。

運をよくする人と悪い人の違い

この実験から何が分かるのでしょうか?

運をよくするための
行動を習慣の違いがハッキリわかります。

自分はツイてない、不運だと
考える人たちは、

一つの事にムキになってしまうあまり、

他のお得なよい情報などに
気づく心の余裕がなくて、

そのために損をしていると言う事です。

なにかに執着しすぎてしまう
とも言えるかもしれません。

逆にオープンマインドで心に余裕がある、
自分がラッキーだと考えている人たちは、

良い情報をタイムリーにキャッチする
準備がいつも出来ていて、

結果として、

「なんだか自分はいつも運がいいなあ」

と感じる事象が多く
積み重なっていくと言う事です。

この実験結果をより詳細に分析すると、

自分はラッキーな人間だ
と思っているグループは

以下のような共通点があったそうです。

・自分の内から聞こえる直感を大切にする

新しい経験に対して心をオープンにする

・毎日少しの時間でも上手く言ったことを
考えるようにする

・電話する前や会議の前に、
自分は幸運な人間だとイメージする

そしてツイていないと感じる人たちの
共通点はこの真逆だったそうです。

よく考えてください。

これらの要素は特別な才能や
環境は不要のはずです。

そして本当に幸運な事は、

人間と言う動物にはあらかじめ

こういった意識の持ち方を変える事が
出来ると言う能力を皆平等に
持っていると言う事です。

毎日の行動や習慣を少しずつでも
変えていく事で、

ステップバイステップで生活を
少しずつ変えて行く事で、

不幸体質から幸運体質へと
誰でも変貌を遂げられるのです。

運をよくする行動と習慣

さらにこの実験には続きがあり、

せっかくの賞金を
獲得できなかった人たちに、

自分がラッキーだと思っている人たちに
共通する行動や習慣を実生活で
実践してもらった結果、

何とほぼ全員が、

「自分も運が良い人間になってきた」

と感じたと言うのです。

つまり幸運体質は作り出すことができます。

誰でも後天的に幸運になれるのです。

私は長年人間の運気をよくする
行動と習慣について研究してきましたが、

では具体的に何をすれば、、

どんな行動や習慣を持てば
潜在意識に良い影響を与え、
運を良くするのでしょうか?…

古今東西の様々な自己啓発や
開運手法を研究してきた結果、

運を良くする行動を習慣は
以下のシンプルな5つのステップで
まとめることができました。

1、付き合う人を変える
2、環境を変える
3、考え方を変える
4、行動を変える
5、仕事の取り組み方を変える

この5つです。

『心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる』

という言葉は

メジャーリーガの松井秀喜さんが
星稜高校時代に野球部の監督から
贈られた言葉として有名ですが、

どんな大きな変化、
人生を変えるような変化も、

まずは最初の些細な一歩から始まります。

次回から先ほどの運を良くする
行動習慣の5つのステップのうち
1つずつ詳しく解説していきます。

簡単なものから人生に変化を
起こして行く事で、

やがて大きな変化になるはずです。

あなたもできるところから
ぜひ実行して行って下さいね。

 - 運気を味方に付ける成功法則